車両保険の平均&相場っていくらくらいなの?

車両保険をつけようかどうしようか、迷っている方の中には、保険料が気になっている方も多いのではないでしょうか?

車両保険の保険料というのは、通常個別には算出されません。実際に見積もりをしてもらうとわかりますが、任意保険とセットの金額でしかわからないのです。
したがって車両保険の目安となる金額や相場、また概算といったものを調べるには、車両保険のあり、なしの2パターンで概算見積をとった上で、その差を確認することになります。

さらに、車両保険の金額は【車両標準価格表】という一覧表の本があってそれによって決まっています。 その金額は、「車両価格」、「製造された年」、「その車の事故発生率」などによって計算されています。 したがって、車両保険の保険料はドライバーごとによって違ってきますので、相場がどれくらいなのかは一概には言えないのが正直なところです。


■車両保険の相場データを探すよりも、実際に見積もりしてみるのがいちばん

実際に見積もりしてみると分かりますが、車両保険の平均金額や相場価格というものは、たとえあったとしてもアテになるものではありません。なぜなら、車両保険は車種、型式、年式によって保険金額が変わりますので、見積条件がほぼ一致するデータが相当数集まらないと、平均と言える数字が出せないからです。

さきほどお伝えしたように、保険金額は、保険会社が共通して使用している【車両標準価格表】にもとづいて、つけられています。車価表は型式や年式で金額に幅があるわけですが、これに走行距離なども加味されてきますので、同じ車種・型式・年式の車でも、厳密には事故歴や走行距離などでも設定される保険金額は変わってくることになります。

こうしたことから言えるのは、車両保険の平均金額、相場というデータを探すよりも現在乗っているクルマや、これから購入予定のクルマについて、または同レベルのクルマの見積もりをとって比較するのがいちばんと言えるでしょう。もちろんいちばん簡単な方法は、インターネット上で利用できる一括見積サービスかと思います。

補足として、一括見積サービスなどで調べられる車両保険の値段、価格といったものは、年間いくらというかたちで通常でてきますので、毎月の保険料を試算する場合は、当然ながら、算出された年間保険料を12ヶ月で割って計算します。ちなみに、自動車保険全体の相場は、月6千円が目安になります。なお、実際の月々の保険料は、割り切れない金額が初回保険料に上乗せされますし、年払いと月払いでは、トータルでみると年払い保険料のほうが割安となりますので、
見積もりサービスを利用する際は、その点を注意してください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識