当て逃げによる車両保険の請求について、補償はされるの?

スポンサードリンク

当て逃げとは、駐車場などで当てたにもかかわらず、相手がいないことを良いことに、そのまま逃げてしまうというものです。また事故の遭ったその後、路肩に寄せて移動しているときに逃げられるというパターンも当て逃げのひとつで、当て逃げとしてはこちらのほうが件数が多いそうです。

ちなみに当て逃げの発生件数は年々増加の一途をたどっており、逃走車発見率もきわめて低いと言われています。

当て逃げは一般タイプの車両保険でしか補償されない

車両保険の観点から言うと、当て逃げされた車の修理を補償してくれるのは、一般タイプの契約のみとなります。車対車+限定Aの車両保険では、当て逃げと相手が特定できない事故の損害は補償していませんので注意してください。

また当て逃げで被ったへこみなどを車両保険で直した場合は、等級が3ランクダウンします。もちろん免責をつけて車両保険を契約していれば、自己負担する金額も出てきます。当て逃げされて、等級ダウンもあって、自己負担金もあるということですから散々ですが、こればかりは、仕方がないとしか言いようがありません。

当て逃げ事故で車両保険を使ったほうが良いかどうかは、当て逃げ以外の事故と同様、修理金額がさほど張らないのであれば、自己負担して等級を維持しておいたほうが良いでしょう。とくに等級がまだ一桁台にある場合は、3等級ダウンのインパクトはやはり大きいです。これからは当て逃げ事故でも事故有係数が適用されるので、通常の等級ダウンに上乗せして保険料が高くなることを考えるとなおさらですね。

当て逃げに遭ったらするべきことは?

何ひとつ良いことがない当て逃げですが、当て逃げされたときの対応方法は、普段から考えておいたほうが良いでしょう。

事故に遭って路肩に寄せてからは、相手が車から降りるまでは車から降りないほうが良いでしょう。というより、路肩に寄せる前に相手の車から目を離さず、とにかくナンバーをメモってしまうことです。あわてずに110番できるなら、電話口で相手のナンバーを読み上げると、それはすべて録音されますので、筆記しなくても記録できます。110番が通じたら、すかさず「事故がおきました。相手の車のナンバーは○○○・・・ です」と、車から目を離さないでナンバーを読み上げてください。状況については、そのあとゆっくり説明すれば良いのです。

駐車場での当て逃げは、注意のしようがありませんが、駐車場に監視カメラが設置してあれば、見せてもらうしかありません。いずれにしても警察への事故届けはしなければなりません。そうすれば警察でも監視カメラぐらいはチェックしてくれるはずです。

あとは駐車する際、駐めかたが悪い車や傷だらけの車の隣に駐車するのは避ける、片側が走行路になる位置に駐めるのは避けるなどが対策になるかもしれません。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識