車両保険でエンジン故障は補償される?

スポンサードリンク

車両保険の補償範囲は、わりと幅広いと言えますが、さすがに故障、自然消耗は補償範囲外となります。エンジンの故障ももちろん車両保険では補償されません。車両保険は偶発する外因による損害しか補償しません。エンジンの故障は、いわば内因によるもので、これを保険で補償していたら、保険が本来補償するべき事故案件を満足にカバーできなくなってしまいます。

車に負荷のかかる運転をする人ほど、マメな点検、メンテナンスが必要

車両保険ではエンジンがオーバーヒートしたり、故障したりといった損害はもとより、エンジントラブルを修理する費用なども補償していませんので、日頃からメンテナンスはマメにおこなっておく必要があります。特にそれなりに車に負荷のかかる運転をしている方なら、オイル交換、フィルター交換は通常より注意してみなければなりません。

エンジンブローの予防については、プラグの焼け付けにも注意を払わなければなりません。エンジンのオーバーヒートの原因は、冷却液不足など、いろいろ考えられますが、その状況が進行していくとピストンなどの焼き付けがおこり、エンジン内部に重大な損傷を与えることになります。

普通に走って、普通に整備・点検していれば、今の車でエンジン故障が早く訪れることはそうそうあることではありませんが、通常よりハードに車を使用している方なら、エンジントラブルに対してそれなりの予防策をしておきたいものですが、こうしたことはすべてのドライバーに当てはまることではありませんので、当然車両保険でカバーすることはできないのですね。

ただし、普通に運転しているドライバーであっても、備え付けてあるメンテナンスガイドなどには目を通しておくことは必要です。基本はオイル交換とフィルター交換を適切な時期に確実に実施しておくことになるでしょう。

また比較的高級な車になると、エアサスペンションなどの交換を無料で受けてくれる保障期間が設定されているような車もあります。中古車で購入した車でも保障期間が設定されている場合がありますので、せひ確認してみてください。

まとめ

車両保険ではエンジンなどの故障は補償されませんので、ハードに車を運転するドライバーほど、それに見合った点検・メンテを日頃から心がけること。また部品・部位保障がある車もありますので、修理を考えているなら、自車にそれらの保障があるかも確認してみましょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識