ガードレールや壁などにぶつけたときの擦り傷やへこみに車両保険は使える?

スポンサードリンク

免許を取得したばかりの運転初心者は、どうしても壁や縁石などにぶつけてしまうことが多く、車の傷が絶えません。また運転に慣れて遠出するようになると、カーブの多い山道などを走行中にガードレールにぶつけてしまい、かなり酷い傷やへこみをつくってしまうこともあるでしょう。まさにこうしたときこそ、はじめて車両保険のお世話になる場面なのかもしれませんね。

自分でつけた傷やへこみが補償されるのは一般タイプの車両保険だけ

壁やカーポートの支柱に車をぶつけてしまったり、ガードレールにぶつけてしまって負った擦り傷やへこみは、車両保険で補償されます。ただし、こうした自損事故を補償してくれる車両保険は、一般車両保険と呼ばれるオールリスクタイプの車両保険だけとなります。車両保険には一般タイプのほかに、車対車+限定A、エコノミーなどがありますが、これらは自損事故を補償していません。

自分の運転技術からみて、自損事故や単独事故のリスクがあると感じる方は、保険料は割高になりますが一般タイプで車両保険をつけておいたほうが安心でしょう。

軽微な傷は自腹で直したほうが経済的

車両保険を一般タイプで契約していれば、細かい傷やへこみも保険で直すことができるわけですが、それをすべて保険で直していたら、一気に等級ダウンが進んで、下手すると、次の更新で保険を引き受けてもらえなくなる可能性もでてきますし、何より保険料が高くなってしまいます。言うまでもないことかもしれませんが、車の傷やへこみを保険で直すと、1事故につき3等級下がります。

車両保険は、理論上、保険金の請求期限が3年ありますから、過去の事故でつくった車の傷も保険で直せなくはありませんが、まとめて1事故としては扱われませんので、次更新後の保険料はすごいことになってしまうでしょう。

ですから軽微な傷やへこみは、等級の低いうちはできるだけ保険を使わないで、自費で直したほうが経済的です。

任意保険、車両保険を掛けておかないと・・・

同じ自損事故でも、ガードレールなどに激突するような事故になると、車の損害も大きくなり、自費で直せないぐらいの損害規模になる可能性があります。こうなるとやはり保険のお世話になるしかないわけですが、ガードレールは自治体で管理しているものですから、対物補償も発生しますし、自分自身がけがをした場合は、治療費というコストも発生します。

対物賠償は任意保険を加入していれば対応できます。治療費は自動車保険に組み込まれている自損事故傷害特約で補償されます。そして車の修理代は車両保険が使えます。逆に言えば、もし任意保険に加入していなければ、ガードレールの対物補償も、車の修理代も、治療費もすべて自己負担となるということです。

小さな傷で、その都度保険を使っていると大変なことになりますが、自分では手に負えない規模の損害となった場合を考えると、自動車保険や車両保険のつけ方は、やはり重要なのだと思います。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識