タイヤのパンクに車両保険は使える?

スポンサードリンク

車両保険でちょっと意外なのはタイヤの補償に関する扱いです。

タイヤは車両本体の一部をなすものですから、車両保険の補償対象でることはたしかです。しかし実際は、タイヤ単独の損害はほとんどのケースで補償されないことになっているので、注意してください。

たとえば、車にもよりますが、いちばん発生しやすいタイヤの損害は、走行中に釘などを踏んでパンクしてしまうこと、また駐車していた車が、鋭利な刃物などで、タイヤをメッタ刺しにされてしまうとか、千枚通しでパンク刺せられてしまうといったものでしょうか。これらは常識的に考えても車両保険で直せそうです。なぜなら10円パンチなども車両保険が効くからです。

タイヤの単独損害が補償されるのは盗難・火災に限定される

しかし上記のようなパンクはすべて、車両保険では補償されません。約款をみても、タイヤは、火災・盗難をよって生じた損害をのぞき、単独損害は補償されないとあります。では単独損害ではない場合はどうかと言うと、たとえばタイヤ以外のボディなどにも傷などの被害がおよんでいる場合は単独損害ではありませんので、保険を使って直せるようです。

ただ、考えてみれば分かりますが、火災によって車のタイヤだけが損害を負うというのは、相当レアなケースです。

いっぽう、タイヤが盗難に遭うということは、あり得ることですし、良いホイールがついていると、タイヤとホイールが盗難に遭うことはよくあることです。ここでちょっと気になるのが、社外品をつけていた場合です。その場合でも、常識的な金額の範囲で補償されるようです。ただし、あまりに高額なタイヤをつけていても、車両保険の契約時い申告していなければ、純正品の範囲での補償となるでしょう。はじめから高価なタイヤを装着している場合は、この点を注意しておいたほうが良さそうですね。

タイヤの単独損害が補償されないのはなぜ?

ではなぜタイヤの単独損害が、車両保険で補償されないのでしょうか。これには、タイヤが車の装備のなかで、いちばん自然消耗しやすいからという解釈があるからのようです。

しかし、10円パンチは補償されるのに、買い換えたばかりで自然消耗度が低いタイヤについても、千枚通しなどでいたずらされたとしても補償されないという点は、矛盾しています。タイヤをいたずらでパンクさせらた経験がある方なら、誰でもそう思うはずです。タイヤの単独損害については、ぜひ保険による補償を適用するように改定してほしいところです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識