aiuの車両保険 補償内容と特徴

スポンサードリンク

aiuは日本国内でも歴史のある外資系損害保険会社です。広告や宣伝を一切しないaiuですが、いまやaiuというと、J.D.パワー 自動車保険顧客満足度調査で連続して1位に輝いた保険会社として知っている人もいるのではないでしょうか。

aiuの最大の強さは、優秀で能力の高いプロフェッショナル代理店(aiu専業)の存在が大きいです。またこれらのプロフェッショナル代理店の中でも、特に顧客満足度の高いサービスを提供する代理店はMA代理店として認定されています。

保険料は割高ではありますが、ほかでは得られない保険サービスを受けられるという点で、車の利用頻度が高いユーザーにおすすめできる自動車保険といえるでしょう。

aiuの車両保険(「type R」)は自動セット特約が多い

aiuの自動車保険はファミリー向けの「type R」とオーダーメイド型の「type P」がありますが、ここではaiuのなかでは比較的ベーシックな部類の「type R」のほうでaiuの特徴をみていきたいと思います。

aiuの保険というと、取っつきにくいイメージがありますが「type R」については、3つのモデルプランがありますので、いずれかを選択し、必要に応じて調整していくことで、補償を設定していけます(もちろんaiuの場合は代理店と打ち合わせてプランを確定させていくことになるでしょうが・・・)。

aiu「type R」の車両保険は、一般車両保険だけで、車対車+A はモデルプランではセットされていません。これに全損時諸費用特約、自宅・車庫等損害補償特約が自動セットされており、高いプランには、日額7,000円の事故時代車費用特約と事故時付随費用特約がセットされています。また他者運転危険補償などの自動セット特約には、ほかにも車上ねらい被害費用補償、特定修理工場入庫特約がセットされます。

「type R」の車両保険は自動セット特約が多いので、補償自体はある程度手厚い内容となります。初期設定でこれだけ充実した補償の車両保険もめずらしいものです。あと。必要に応じてつけるとするなら、全損時修理費用補償特約ぐらいではないでしょうか。

他社では類をみない高い事故対応評価

aiuの事故対応評価は非常に高く、契約者の満足度もかなり高いと言えます。おそらくこの点では、aiuを凌ぐ保険会社はないのではと思うぐらいです。
しかし、事故相手の保険会社がaiuだった場合の声からは、酷評に近い評価が寄せられてもいます。つまり、aiuの代理店は、顧客利益の追求が徹底しているということなのでしょう。

もちろんaiu相手の方からは酷評ばかりではなく、すばらしいと絶賛する声も上がっていますので、顧客利益の追求といっても、それは不当に過剰なものではないと考えられます。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識