jaの車両保険 補償内容と特徴

スポンサードリンク

通販保険が台頭する以前は、大手損保より保険料が安いということで、JAの自動車共済を利用している人はたしかに多かったと思います。そうした古きユーザーがいることで、現在もJAの自動車共済を利用している人は少なくありません。

またJAは自動車ローンが使いやすいということで、車の購入をJAのマイカーローンを利用し、任意保険もつきあっているというユーザーも多いはずです。

JAの自動車共済の特徴

自動車共済と言っても中身は、通常の自動車保険と何ら変わりはありません。人身傷害保険も選べますし、歩行中等自動車事故傷害保障、介護・自立支援費用保障という特約もありますので、保障の奥行きとしては、通販では用意されていない保険もあり、一般の代理店損保の自動車保険に近いと言えるでしょう。

少し変わっているのが、『クルマスター』という主力共済については、車両保険が一般タイプだけとなります。車対車+限定Aを選択する場合は、『クルマスターエコノミー』という別の自動車共済を選択することになります。またこれもちょっと変わっていると思うのが、『クルマスター』は車両保障をセットすると、対物賠償と車両保障(車両保険)の掛け金が割引となることです(車両・対物セット割引)。このほかに車両保障(車両保険)が割引になるのは、イモビライザー割引です。なおJA自動車共済のイモビライザー割引は、純正装備されているものだけが対象となりますので注意してください。

またこれも意外とうれしいのが、任意付帯となる車両諸費用保障特約です。これは代車費用共済金、陸送等費用共済金、宿泊費用共済金、帰宅等費用共済金、積載動産損害共済金といった、つけておくと助かる場面が多いオプション保障がひとまとめになっているもの。さらにJAの車両保障(車両保険)には地震等車両全損時給付特約も付帯できます。

JAの自動車共済 事故処理の評価について

正直に言えば、JAの自動車共済の事故対応は、かつて、あまり良い評判がなかったと思います。これは大手損保とくべて、事故対応が遅い、交渉能力に欠ける、保険知識がない担当者が目立つといったものです。JAの場合、地域によって違いも大きいため、すべてのJAで当てはまることではないと思いますが、そうした声が多かったのは事実です。

では現在ではどうかというと、これらのことは、少しずつ改善されているようです。

JAの自動車共済は、保障の中身も悪くありませんし、掛け金も大手より安く出てくるので、機会があったら乗り換えてみたいと思っている人は多いと思います。事故対応・処理といったところで、さらなるスキルアップに期待したいですね。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識