東京海上日動の車両保険 補償内容と特徴

スポンサードリンク

東京海上日動は日本を代表する損害保険会社であり、実質的に最大手と考えて良いと思いでしょう。大手ということで、たくさんの代理店を抱えるがゆえの悩みとして、販売店によって対応にばらつきがあるという点はありますが、代理店教育にも力を入れており、その成果も出てきているようです。

ここでは東京海上日動の主力商品でもある『トータルアシスト』について、商品的な特徴をみていきたいたいと思います。

割引制度が豊富な東京海上日動の『トータルアシスト』

『トータルアシスト』は「3つの基本補償」と「3つの基本特約」から構成されていて、「3つの基本補償」だけでプランを組むことも可能です。大手損保の自動車保険というてと、かつては特約が多く、複雑でわかりにくい商品が多かったのですが、『トータルアシスト』をみても、その点は大幅に改善されていることが分かります。

『トータルアシスト』は割引制度も豊富で、 Eco割引、イモビライザー割引、福祉車両割引、ノンフリート多数割引、沖縄料率、新車割引が適用となるほか、車両保険が安くなるイモビライザー割引も用意されています。

特約なしでも充実補償でも自由に設定できる車両保険

東京海上日動『トータルアシスト』の車両保険は、自動セットの特約はなく、すべて必要に応じて任意付帯することになります。そのぶん、割安に車両保険をセットできるとも言えるでしょう。ただし、車両保険をつけないと、有料となるロードサービスの項目がありますので(燃料代サービス、レッカー費用など)、『トータルアシスト』を選ぶ場合は、最低でも車対車+限定Aはセットして契約したほうが良いでしょう。

なお任意で付帯できる特約は豊富で、高級車などを所有しているドライバーが十分満足できるだけの補償は確保できます。補償を充実させるのなら、まず任意付帯の特約を選んだうえで、「3つの基本特約」のうち「おくるま搬送時えらべる特約」から、必要な補償をプラスしていくという組み方になります。

なお「おくるま搬送時えらべる特約」はロードサービス的な内容ですから、ロードサービスが充実している通販保険からみると、少し損した気分がしなくもありません。

やはり代理店損保の事故対応は代理店で決まる

東京海上日動の事故対応に関する評価ですが、口コミなどをみると、良い評価もあれば、その逆もあります。これは国内最大手であり、たくさんの代理店を抱えることから、致し方ない結果かと思います。

しかし東京海上日動が、商品力、基本的な事故対応力は、業界の平均レベルを超える内容を持つ保険会社であることは間違いありませんので、あとは契約先となる代理店選びさえ間違わなければ、使っていて困ることにはならないでしょう(ここがむずかしいところでもあるのですが・・・)。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識