車両保険が安い保険会社はどこ?

スポンサードリンク

自分で利用する自動車保険や、それにつける車両保険を比較検討する場合、やはり安いか高いかということは、いちばん最初に目が行くところです。自分の経験で言っても、無料見積もりサイトを使って自動車保険を比較したとき、どこを見るかと言えば保険料です。いくら負担しても構わないのなら、内容重視で考えるでしょうが、保険に回せるお金にも限度、予算があるわけですから、安いか高いかということはやはり大事なところです。

安い保険料にこだわるな通販の保険は外せない

自動車保険や車両保険の保険料が安いところを見つけるのに便利なのは、一括見積もりサイトでしょう。一度条件を入力するだけで、最安値の見積もりを見つけられる便利さは、すでに多くの方が経験済みだと思います。複数の保険を比較する場合は概算でしか出てきませんが、それでも保険会社の傾向のようなものはつかめます。まだ使ったことがない方は、試してみると良いでしょう。

また安い保険を選びたいなら、通販型の自動車保険を検討から外すことはできません。自分でもこれまで、ずっと代理店損保の保険を使ってきましたが、車の使い方が変わり、あまり車に乗らなくなったのをきっかけに、通販に切り替えましたが、実際切り替えて正解だと思っています。もちろん保険料は2ランクぐらい下がりました。

また車の使い方が変わって、多く乗るようになれば、補償内容を変えてみたり、代理店型の保険に切り替えるかもしれないですが、少なくとも今の車の使い方なら通販で十分だと感じています。

ただし、通販自動車保険でも、年間走行距離が長い方や使用目的によっては、保険料がそれほど安くならなかったり、逆に代理店損保の保険のほうが安くなることも実際にありますので、この点は注意してください。

保険料に占める割合が高い車両保険をどう考えるか

また車両保険は必要だと感じていても、車両保険は保険料に占める割合が高いことから、つけるのを躊躇している人もいることでしょう。車両保険自体は、保険会社が違っても大きく変わるものではありませんが、なかには車両保険の補償パターンが9種類もある保険会社もあるのです。

このあとに、各社の車両保険の特徴などを絡めながら、代表的な保険会社の自動車保険を紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識