全労済の車両保険 補償内容と特徴

スポンサードリンク

全労済は、労働組合だけではなく、私たち一般消費者向けにも利用できる、掛け金の安価な共済事業を展開していることで知られています。比較的身近なところでは、住宅の火災共済が全労済のものが多いわけですが、自動車共済の『マイカー共済』は、名前だけなら、誰でも聞いたことがあるはずです。

全労済『マイカー共済』の特徴

『マイカー共済』は基本補償として組まれているのが、人身傷害補償(最高5,000万円)と対人・対物補償(無制限)、そして人身傷害補償か車両損害補償(車両保険)をつけると利用できるロードサービスです。

それと任意でつける車両損害補償(車両保険)はJAの『クルマスター』と同じで、一般タイプのオールリスクだけとなります。車対車+限定Aの限定補償もも選択できるようですが、基本的にオールリスクタイプをすすめているようですね。
そして車両損害補償(車両保険)には付随諸費用補償(代車費用や修理工場からの運送費、身の回り品の損害、帰宅費用などのカバー)も任意でつけることができます。

なお車両損害補償(車両保険)が割引になるのが、JAの『クルマスター』同様、盗難防止装置装備車割引です。比較的新しい車ならこのあたりは適用となってくるでしょう。

あと『マイカー共済』の特徴として、等級が最大で22等級までアップすることがあります。通常なら20等級で60%割引ですが、『マイカー共済』だと最大で64%まで掛け金が割引となります。

全労済 マイカー共済 事故対応等の評価

自動車共済は全労済にかぎったことではないですが、共済のプラン内容や掛け金が安い点は良いのですが、肝心の事故時の対応となると、多くの人ががっかりさせられるということが少なくありません。全労済もそうした評価が目立つことは事実で、JAと比較しても、対応の遅さ、悪さでは上を行っている感じが、正直言ってありました。やはり営利目的ではないだけに、顧客を失う怖さを実感できない体質がどうしてもあるのでしょう。

でもこれだけ不景気がすすんだことで、共済でもそうは言ってられないところはあるのでしょう。CMには向井理を起用していますし、2012年12月からは割引制度を改定して、率を上げたり、人身傷害補償の算定基準を改定して拡大したりと、利用者拡大に力を入れ始めていることが伝わってきます。

むかしにくらべれば、事故対応についても改善されてきていると思いますので、さらなるスキルアップに期待したいところです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識