車両保険の免責金額はどう設定したらいい?

スポンサードリンク

車両保険を契約するとき、かならず設定するのが免責です。

ほとんどの方が車両保険の免責の意味を理解していると思いますが、まず免責の基本概要を整理しておきたいと思います。

免責とは

免責とは、保険会社が支払うべき保険金額を、一部免除するといった意味になります。これは、保険契約者から見た場合は、補償額を一部自己負担する金額ということになります。

たとえば車両保険に10万円の免責をつけている場合ですが、かりに自損事故で50万円の修理金額が見積もりとしてあがってきた場合は、保険会社からは40万円が保険金として支払われ、10万円は自己負担することになります。そのかわり免責をつけていれば、車両保険の保険料が、免責をつけていない契約より割安になります。つまり免責は、車両保険を割安にできるメリットがあるため、車両保険を契約するほとんどの方がつけているのですね。

免責の付け方はいろいろあって、表記は「0-0万円」「0-10万円」「5-10万円」「10-10万円」などとなり、いくつかの設定パターンがあります。
「0-0万円」は免責なしということになりますが、「0-10万円」は1回目の事故は免責なしで、2回目以降の事故は10万円ずつ自己負担することになります。「5-10万円」は1回目の事故は5万円自己負担し、2回目以降は10万円の自己負担となります。

なお、免責によってどれぐらい保険料が変わるかですが、保険金額が100万円の車両保険・一般タイプで、免責をつけていないと80,000円ぐらいの保険料が、5-10万円の免責にすると8,000円近く下がり、さらに10-10万円にすると66,000円ぐらいにまで下がる場合があります。保険料軽減効果は、契約内容によっても変わりますが、保険金額が大きく、且つ一般タイプの契約ほど、下がり幅は大きくなります。保険料の高いクルマで一般車両保険を契約している場合、免責は必須と言えます。

また免責はどのぐらいで設定するのが良いかですが、免責をつけて事故をおこすと、かならず免責ぶんは自己負担することになりますので、無理のない金額で設定しておかなければならないでしょう。おすすめと言えるかどうかは分かりませんが、0-10万円のように、1回目の事故を免責0にしておくと、保険期間中一度しか保険を使わなければ、自己負担なしで保険料を安くできます。運転歴が短い方でも、このパターンなら安心して免責をつけられるのではないでしょうか。

免責ぶんを自己負担しないで済むケース

免責を設定していても、自己負担が発生しない場合もあります。これは相手が特定できる事故で、相手も任意保険に加入している場合に限られますが、相手の損害賠償金が免責金額以上なら、免責ぶんを負担しなくても良いのです。

たとえば、保険金額が150万円の契約で、損害が70万円の修理として発生した場合ですが、免責を10万円つけていたので、保険会社から60万円が支払われ、10万円を自己負担してクルマを修理しました。しかし相手の過失割合が70%として確定したことで、相手の保険から対物賠償金が42万円支払われました。このお金は免責がなければ全額保険会社が回収することになるのですが、免責がついている場合は、10万円が保険契約者に支払われ、残りの32万円が保険会社に回収されることになります。修理を先んじる場合は、一度自己負担しなければなりませんが、相手の賠償金が免責を上回る場合は、実質自己負担は0で済むということはおぼえておくと良いでしょう。

またもうひとつ、免責ぶんを負担しなくて良いケースは、全損の場合です。全損とは修理が無理な場合、または修理金額が保険金額を上回る場合を言います。全損になると協定している保険金額が満額支払われますが、このとき免責ぶんは保険金から差し引かれることなく全額支払われるということです。
(もちろん、修理して直す分損の場合は、損害額から免責から差し引かれます)

なお、事業をしている方でなければ、あまり関係ないことかもしれませんが、会社のクルマで事故をおこして、免責を負担した場合、会社が負担した弁償金(免責)は不課税であり、消費税も非課税となります。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識