自動車保険の年齢条件について

スポンサードリンク

自動車保険の年齢条件は、保険料に大きく影響します。年齢条件は車両保険だけに影響するものではありませんが、年齢条件は実際の事故リスクを反映しているものなので、保険料構成比の高い車両保険は年齢条件によってかなり変わってきます。

なお年齢区分は保険会社によって違う部分もありますが、基本的に以下の5区分があります。

1.全年齢補償
2.21歳以上補償
3.25歳以上補償
4.30歳以上補償
5.35歳以上補償

保険料がもっとも割高となるのは、全年齢補償であり、それ以外は年齢区分があがるほど保険料は割安になります。

全年齢補償にすると、保険料は相当高くなる

隣り合わせの年齢区分間で、保険料にいちばん違いがでるのは、全年齢補償と21歳以上補償との間です。全年齢補償とは18歳から20歳までのドライバーを補償対象とする年齢区分になりますが、21歳以上補償の保険料が98,000円ぐらいの場合(これでも保険料は高いほうですが)、全年齢補償は軽く10万円を超え、契約車両によっては、保険料は15万円以上にもなります。単純に月払いでも1万円も超えてしまうということです。
21歳以上補償の保険料が98,000円ぐらいだとすると30歳以上補償や35歳以上補償は65,000円前後になるはずで、その差は2倍以上もあることになります。

隣り合わせの年齢条件で6万円以上も差がでることは、ほかの年齢区分ではまずおこり得ないことですが、それだけ全年齢区分は保険料が高いということです。ではなぜ全年齢補償の保険料が飛び抜けて高くなるのかというと、ほかの年代と比べた場合、10代の事故発生件数がいちばん高いからです。30代や40代の事故発生率と比べると2倍にもなる10代を不担保とするだけで、一気に保険料が安くなるのは、実際の事故リスクが物語っていると言えるわけですね。

現在では、若年層の自動車離れが進んでいますので、年代ごとの事故リスク度は変化してきており、30歳以上、また35歳以上を一律とせず、高齢者ドライバーの保険料を高くする動きが出てきています。それでも従来からある年齢条件による保険料の傾向は今も変わりありません。

別居の未婚の子が運転する場合、年齢条件はどうなる?

なお年齢条件が適用されるのは「記名被保険者、配偶者、記名被保険者または配偶者の同居親族、上記の方の業務(家事以外)に従事中の使用人」となっており、別居の未婚の子がいても年齢条件が適用となりません。したがって20歳で親元を離れて住んでいる子がいて、帰省の際に家族のクルマを運転する機会がある場合でも、全年齢補償にする必要はないということです。

ではこの場合はどうするかというと、運転者限定を家族限定にします。運転者家族限定は、別居の未婚の子も補償範囲に含まれますので、これだけで帰省の際に、20歳の子が実家のクルマを運転しても大丈夫です。

かりに配偶者限定、30歳以上補償にしていれば、等級によっては保険料が3万円程度で済んでいたものが、全年齢補償にするだけで8万円近くに跳ね上がることになるでしょう。配偶者限定から家族限定にするぐらいなら、1,000円、2,000円の差で済みます。
(もちろんこれは、子が別居している場合の話で、同居の子が運転するようになると、その子の年齢に合わせて年齢条件を変更しておかなければなりませんが・・・・・・)

子どもが免許を取得すると、こうした問題がでてきますが、年齢条件が適用となる補償範囲についてはおぼえておいたほうが良いかもしれませんね。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識