車両保険の無料見積もりでプレゼントがもらえる

スポンサードリンク

自動車保険を見積もりする場合、現在ではかなり多くの方が見積もりサイトを利用していると思います。

この見積もりサイトというのは、一回見積もり条件を入力するだけで、複数の自動車保険の見積もりを取り寄せできたり、またその場で閲覧できたりするもので、自動車保険を比較・検討する上で非常に便利なサービスです。

ただ当然のことながら、保険会社によって付帯できるオプションが異なりますので、見積もりサイトで比較できる保険料は概算の数字と考えなければなりません。それでも、基本補償の部分で、保険料の出方を比較できるので、詳細な検討に進む前段階の比較データとしては十分なものでしょう。

また見積もりサイトの無料見積もりを利用すると、ちょっとしたプレゼントがもらえるのもうれしいところです。たとえば、マックカード500円分、ハーゲンダッツアイスクリームギフト券、図書カード500円分などがもらえたり、所定のアンケートに答えるだけで、抽選でさらに豪華なプレゼントがもらえることもあります。公式サイトで直接見積もりするのも悪くありませんが、その前に見積もりサイトで概算による比較をしておくと、ちょっとしたプラスアルファもあるということです。

なお、見積もりサイトを利用する場合、免許証と車検証、また現在加入している保険証券があれば用意しておきましょう。

公式サイトでも見積もりしてみる

見積もりサイトで概算保険料の比較ができたら、今度は目星をつけている保険会社の公式サイトで、より詳細に条件を設定して見積もりしていきます。このときも各見積もりサイトのページから、いろいろな保険会社の公式サイトへ移動できますので、見積もりサイトを起点にして、ブラウザのタブを開いていくと便利だと思います。

ただ詳細な条件を設定するというと面倒に感じるかもしれませんが、最近の公式サイトの見積もり設定は、最近ではかなり簡単なものになってきていて、見積もりする車の型式と年式(車検証や保険証券に記載されている)、ご自身の免許証の色、生年月日、また運転する人の範囲とその方の年齢といった基本条件を入力するだけで、おすすめプランが3パターンほど表示されるというところもあります。たとえば、人身傷害保険の補償額はいくらにすれば良いか分からなくても、標準的な補償プランが表示されますので、それをまず確認し、そこからまたプランをアレンジしていけるのです。

インターネット見積もりの便利なところは、その場ですぐ、条件変更したプランの保険料を確認できるところにありますが、たとえば、表示された補償プランの車両保険の免責を変更したい場合は、その場ですぐ変更して、変更後の保険料の違いを確認できます。また単純に、車両保険をつけたプランと外したプランで、どのぐらい金額差があるかもすぐ確認できます。

まとめ

自動車保険見積もりサイトで概算比較したら、かならず公式サイトでもプラン見積もりをしておきましょう。そしてその見積もりパターンは保存しておけますので、日をあらためて、再度検討することもできます。
ですから、公式サイトで見積もりしたら、すぐ契約に進まなければいけないということではありません。見積もりを確定したあと、今回は見送るということもできます。

また契約を見送った保険会社からは、更新時が近づくと、同じ条件での見積もり例などがメールで届くこともありますが、更新の案内と称して、電話がかかってくるということはありません。

通販系の自動車保険を検討しているなら、自動車保険見積もりサイトは積極的に活用したほうが良いでしょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識