車両保険に安く加入するには

スポンサードリンク

車両保険など、自動車保険は掛け捨て保険ですから、出来るだけ安く契約を維持したいと考えるのは当然のことと言えるでしょうが、保険料の高さでいちばん困ることになるのは、免許を取得したばかりの子どもが、家の車を運転することになったときでしょう。
なぜなら、年齢条件を子どもの年齢に合わせなければならないからです。

年齢条件と車両保険ほど、自動車保険の保険料に影響するものはありません。子どもが21歳未満であれば、年齢条件は無制限となり、保険料は現在の2倍を超える金額になってしまいます。子どもが一緒に住んでいなければ、運転者限定を家族限定にするだけで済みますので、保険料はほ微増の範囲でおさまりますが、年齢条件はそうはいきません。とくに無制限となると、その差は驚くばかりです。

増車と車両入替で対応する裏ワザ

ただしこうした状況でも、無制限で加入するより保険料をおさえる裏ワザがあります。しかし多くの裏ワザがそうであるように、条件があります。それは増車するという場合です。

新規に増車する車を現在の車と車両入替すると、増車した車は等級を引き継げます。たとえばすでに20等級に達していた場合は、車両入れ替えすることで20等級となるのです。こちらを子どもに運転させて、等級を譲渡したもとの車を複数所有新規で契約できれば、そちらは7等級でスタートできます。増車して2台になった車の保険料を、2台とも、全年齢補償の年齢条件で保険料を払うより、1台を7等級、30歳以上補償で保険を掛けたほうが、保険料総額は割安になります。

もちろん増車するという前提がなければ、裏ワザにも何にもなりません。ただ、増車する予定が有る場合は、車両入替で対応できるか確認してみてください。グレーな方法ではないので、相談して問題になることではありません。

複数所有新規契約は普通の増車でも使える

なおここで紹介した複数所有新規契約は、増車した場合に、新規車両か、すでに所有していた被保険自動車に適用するのかを選択できることから使える方法で、増車した車が高額車両で車両保険を掛けて契約する場合に有効なのですが、もとの車の等級がある程度高くないと使えません。

とは言っても、その条件は11等級以上というものがほとんどですから、増車した場合に複数所有新規契約を使えるケースはかなりあるはずです。

また複数所有新規契約は、子どもが車を運転することになったとき以外の、通常の増車でも使えます。7等級スタートになると、それだけで保険料は5%割引になり、保険会社が変わっても使えます。2台目の車を購入するときは活用してみましょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識