車両保険って必要?メリット・デメリットを踏まえてその必要性を検証

スポンサードリンク

車両保険をつけるべきかという論議はこれまでも繰り返されてきたことです。私自身、ここ7年ぐらいは保険を使わずに済んでできたので、車両保険を外しても良いのかもしれないですが、次の更新でもこれまでどおり車両保険をつけることになると思います。

このように車両保険は必要なものと考えてしまうのは、ずっと自動車保険に関する記事を書いているからかもしれないですが、もうひとつ車両保険を必要としている理由に、帰省の際に父親の車を運転する機会が結構あるからです。つまり他車運転危険担保特約での車両事故もカバーしておきたいということがあるからです。

また車両保険は不要と考える人のなかには、数十万円程度の修理代なら自腹で負担するし、全損となれば、自分で乗り替えられる範囲の安い中古をさがすという方もいます。これはこれでひとつの考え方という気がします。

こうしてみていくと、車両保険の必要性は最終的に自分でどう判断するかにかかってくるわけですが、ここでは車両保険のメリット・デメリットをあげながら、必要性を検証してみたいと思います。

車両保険のメリット

車両保険が必要とする人の多くの意見に見られることに、車両保険をつけておくと自分を守れるという意見があります。車両保険をつけていれば、たとえ相手と過失割合などでもめても、先に保険でクルマを直してしまえます。もちろん保険を使うことで等級を下げてしまうことになりますが、相手との交渉は、保険会社に任せておけますし、クルマをいち早く現状復帰させて使用できます。

自分を守れるということでいえば、車両保険とともに人身傷害保険もよく引き合いに出されますが、任意保険に加入しておらず、損害賠償できるだけの資力をもっていない相手にあたってしまうリスクを考えると、車両保険と人身傷害保険をつけておくことは大きな安心となることはたしかです

事故の相手や状況に左右されず、こちらの状況を元に戻すことができるということは、車両保険のいちばんのメリットではないでしょうか。

車両保険に入るべきと言える方とは

メリットとはまた違いますが、車両保険をつけておいたほうが良いケースというものもあります。

たとえば一般的に高級車と呼ばれる車種や外車は、いたずらされるリスクや修理にかかる費用が高くなることから保険料率も高いわけですが、それだけに車両保険をつけておかないと、負担がどんどんかさんでいきます。高いクルマを所有しようと考えている方は、免責を高くしてでも車両保険は必須だと思います。とくにそのクルマをローンを組んで購入している方は、修理代で経済的に困窮しないためにも保険はかけておいたほうが良いでしょう。

また営業マン、自営で仕事をしているような方は、職種によってマイカーを仕事に使っている方もいると思います。これらの方は概して運転技術も安定しているものですが、クルマに乗っている時間が長いので、その分事故リスクは日常利用の方とはくらべものにならないものがあります。こうしたドライバーで車両保険をつけていない人は少ないはずですが、車両保険に入るべき方であることは間違いありません。

それと運転歴が短いのに、ある程度良いクルマに乗る方も車両保険に入っておいたほうが良いですね。ただし軽微なキズ、擦れをつけているたびに保険を使っていたら、等級がもちませんし、保険会社から契約を引き受けられなくなる可能性もあります。はじめて乗るクルマは、どうしてもキズが絶えませんので、きれいなクルマを乗る場合でも。それを見越してキズが目立ちにくい色を選ぶなど、注意したほうが良いでしょう。

車両保険のデメリット

いっぽう車両保険のデメリットですが、じつは車両保険に入らない、不要と言う方でも車両保険のデメリットばかりを見ているわけではありません。保険料を毎月支払わなければなりませんが、保険対象事故に遭ってクルマをなおさなければならなくなっても、自腹を傷めることなく修理代が保険金で賄われ、全損時は保険金額が全額支払われるのですから、保険料が高いという以外にデメリットはないと言えます。

つまり車両保険に入らないという人は、保険料を無駄と考えている、捉えているとも考えられます。また数十万円の修理代ならいつでも用意できるので、事故リスクと照らし合わせて考えると、車両保険契約を保持することが無駄に思える方もいると思います。こうした方なら、車両保険に入らないと言う選択もあるのだと思います。「全損となった場合はどうするの?」と心配になる人もいるでしょうが、こうした方は全損になった場合のことも考えているものです。

車両保険を外すと降りかかるリスク

こうしてみていくと、車両保険の有無は、自動車保険加入者の考え方と、経済状況に左右されるとしか言いようがなくなってきます。しかしクルマの修理代を自身で負担しても構わないという方でも、自分の過失がほとんどないような事故で、相手が無保険、しかも資力がなく支払いを渋るというような相手であった場合は、なかなか納得できないのではないでしょうか。しかも車両保険に加入していなければ、相手との交渉も自分でしなければなりません。

本来なら損害賠償ができない状態にある運転者が、道路(道交法上の)で自動車など運転する資格はないわけですが、公的な被害者救済策としての保険が自賠責保険のみであるわけですから、厄介な相手とあたった場合の自衛策として、車両保険はやはり必要なものではないかと考えられます。

車両保険は契約の仕方で、保険料をコントロールできる保険でもありますので、必要性を感じている方は契約パターンをシミュレーションしてみることをおすすめします。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識