車両保険の保険金額をわかりやすく解説

スポンサードリンク

いま、自分で加入している車両保険の保険金額はいくらかご存知でしょうか。

対人対物補償や人身傷害保険は、加入する際にいくらにするか選択できますし(と言っても、対人対物は無制限としていることが多いわけですが・・・)、通販自動車保険をオンライン契約する場合などは、保険代理店のアドバイスもなしに完全に自分で決めますので、いくら金額で契約したかは大体覚えていると思います。でも車両保険の保険金額は、自分で決めることがまずありませんから、毎年更新している車両保険の保険金額を知らない人もきっといると思います。

ここでは普段考える機会が、おそらくほとんどないと思われる、車両保険の保険金額について考えてみたいと思います。

車両保険の保険金とは協定保険価額のこと

車両保険の保険金を理解する上で知っておかなければならないのは協定保険価額という言葉です。車両保険金額というのは協定保険価額とほぼ同じ意味だと思っていただいても良いでしょう。というより、そう考えておいたほうが、車両保険を理解しやすいでしょう。

では協定保険価額とは何かと言えば、保険契約時時に決める全“損時の支払い上限額額”です。協定保険価額は、自動車保険標準価格表と言う、保険会社が共通で利用している単価表で決められます。しかし車両保険の車価表で示されている単価は、一定の幅があり、クルマの状態や程度などで決めています(車の型式・年式・仕様などによる)。それでも自家用車両はすべて、車価表をもとに協定保険価額が保険金額として設定されていることには変わりありません。そのため市場価格が200万円のクルマに300万円の車両保険金額を設定することはありませんし、また逆に保険料を安くするために本来200万円のクルマに50万円の車両保険金額を設定することもありません。このように車両保険の保険金額は自分で決められませんが、保険会社が違っても協定保険価額は大きく変わるものではないという仕組みになっています。

では協定保険価額は、車両価格みたいなものなのかと思ってしまいそうですが、これは違います。たしかに新車だと、それに近いところはあるのですが、中古車などは価格にかなり開きがありますよね。まったく同じ年式で、同じ走行距離、外装や内装のコンディションがほぼ同じという中古車などなかなかありませんから、比較する機会はまずないことですが、中古車は仕入れルートなどが、業者によっても違いがありますので、価格はまちまちだと言えます。ですから保険会社共通の車価表が存在するわけです。

全損、分損の違い

車両保険の保険金額とは、ほぼ協定保険価額と同じだとしたのは、以上のことから理解いただけたと思いますが、ここで注意しなければならないのは、先ほども触れたとおり、協定保険価額は“全損時の支払い上限額額”であるという点です。全損とは修理不可能か、修理代が車両保険金額を上回る状態のことですが、もうひとつ分損と言って、修理可能な状態もあります。

大雑把に言うと、車両保険は価額か修理代のどちらか低いほうが支払われるというのが鉄則ですから、分損の場合は、協定保険価額を上限とはしますが、実際の阻害額(一般的には修理代として)が支払われることになります。

なお、実際につけることは少ないのですが、代理店損保系の自動車保険のなかには、協定保険価額のほかに、修理支払限度額を決められる特約があります。

この特約はどういう場合に使えるかというと、協定保険価額が100万円の愛車が事故に遭い、ほぼ全損となったのですが、どうしても修理してまた乗りたいという思い入れのあるクルマだったので、修理の見積もりをとったら、150万円かかるとなりました。当然ながら協定保険価額以上に保険金は出ませんが、修理支払限度額を設定できる特約や車両全損時修理特約をつけておけば、差額の修理代50万円を受けることができます。ただしどんなクルマでも修理支払限度額を決められるわけではありません。相当思い入れのあるクルマを所有されている方なら、検討してみても良いかもしれませんね。

車両保険の支払われ方

話が多岐にわたしましたが、全損時と分損時の車両保険の支払われ方を整理しておきましょう。

【全損時の保険金額(修理不可能か、修理代が車両保険金額を上回る状態)】
→ 協定保険価額を上限に保険金が支払われる。相手がある場合は、相手方は時価で損害額を提示してきますが、契約保険金額から不足する分は、自身が加入している車両保険から補われますので、満額支払われることになります。

※ 全損時は、車両保険に免責をつけていても、その額は差し引かれません。
※ 車両保険契約時に修理支払限度額や全損時修理特約などを設定している場合は、修理代が保険価額を超えてたいとしても、修理支払限度額、もしくわ修理代実費が特約によって補償される

【分損時(修理可能な状態。修理代が車両保険金額を下回る状態)】
→ 修理代(損害額が)から免責を差し引いた額が、保険金として支払われる。

なお車両全損時臨時費用保険金というのを目にすることがあると思います。これは、車両保険金の支払対象となる事故で契約車両が全損となった場合に、保険金額の5%(10万円を限度)か、10%(20万円を限度)として保険金が支払われるもので、特約ですからつけなければもらえない保険金です。また分損時でも、臨時費用として損害額の5%(10万円限度)を受け取れる車両修理時諸費用保険金がありますが、こちらも特約となります。

まとめ ~「保険料は年々下がる」

車両保険は、クルマの減価償却にともないはずすことも考えられるわけすが、これは次に修理するぐらいなら、買い換えを考えている状態と言えます。また運転歴が長くなるについれて、車両保険の補償範囲をエコノミータイプにしていくこともあるでしょう。こうして考えると車両保険の保険料は年々下がるのだとも言えます。もちろん運転環境はドライバーによってさまざまですから、かならずしも、保険料が年々下がるとは決めつけることはできませんが、少なくとも無事故を通して、保険を使わないようにできれば、保険料は間違いなく下がっていきます。

新車に車両保険をつけると、やっぱり高いなと思うことが多いでしょうが、通常は年々下がっていくことを考えると、万一に備えて必要な補償は確保しておくに超したことはないのではと思います。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識