車両保険の補償の種類(一般とエコノミーと+限定A)と適用範囲について

スポンサードリンク

車両保険は偶然の事故等により、保険契約車両が損害を受けた場合に、その修理代などが保険金として支払われる保険ですが、契約形態によって、車両保険で補償される内容が異なります。

車両保険の補償内容は、通常は一般車両保険とエコノミー+限定Aという二種類から選択するのですが、もう少し細かく見ることもできます。ここでは車両保険の補償の種類について整理しておきましょう。

なお車両保険の適用範囲を、種類ごとに簡単に定義すると以下のようにまとめることができます。

・一般車両保険 ‐ 車両保険で補償できるすべてのリスクカバー
・エコノミー+限定A ‐ 一般車両保険から単独事故以外をカバー
・エコノミー ‐ 車対車の事故だけをカバー
・限定A ‐ 走行時のリスク以外をカバー(アクシデントのみに限定)

一般車両保険

一般タイプ、または一般車両保険と呼ばれる契約は、補償の適用範囲が車両保険で備えられているすべてのリスクを対象としています(オールリスクタイプ)。車両保険の内容はいちばん手厚いものとなりますので、保険料もいちばん高くなります。でも車両保険をつけている方なら、なんだかんだ言って、一般車両保険を選択されてい方が多いのではないでしょうか。

それでは車両保険で備えられている補償とはどういったものになるのか、以下に列挙しておきます。

【車両保険で備えられている補償とは】
自損事故、当て逃げ、車対車の衝突、盗難、落書き、いたずら、台風、洪水、火災、爆発

事故の例をあげますと、自損事故というのは電柱やガードレールなどにぶつけてしまい生じた車両損害であり、当て逃げとは、駐車中等で当て逃げされ加害者が分からない場合などの車両損害が該当します。車対車は出会いがしらの衝突のほか、後方車両に追突されたといった場合も含まれます。また道路走行中に飛来してきた小石があたりフロントガラスが破損するということはよくあることですが(いわゆる飛び石事故)、これも一般車両保険の補償適用範囲のひとつです。

なお、一般車両保険に限らずですが、車両保険金は、該当事故ごとに、保険会社によって事故調査が入り保険適用事故かどうか審査します。そのため、以前からついていた傷などを保険でまとめて修理するということはできません。

エコノミーと限定A

つぎにエコノミー、限定Aと呼ばれる車両保険についてです。上記の定義にもありましたとおりエコノミーとは車対車のいわゆる衝突・追突事故だけを対象とする限定補償です。つまり、ガードレールなどに擦ったなどの自損事故は、エコノミーだけの契約では補償されませんし、台風や洪水といった自然災害による損害も補償されません。

いっぽう車両保険の限定Aですが、こちらは走行時以外のアクシデントだけを補償適用範囲とするもので、一般タイプから単独・自損事故、車対車、当て逃げを除外した保険契約となります。盗難、落書き、いたずらや、台風・洪水、火災・爆発などは限定Aの補償適用範囲となります。

ちなみに走行中に飛び石があたり、フロントガラスが破損した場合ですが、エコノミーは車対車のみに限定された保険ですから、この場合は補償されませんが、限定Aでは一般タイプと同様、補償されます。

ところで、自家用自動車の車両保険では、これらの限定タイプを個別に契約するのではなく、エコノミーと限定Aを合体させた、エコノミー+限定Aとしてまとめられています。こうすることで、エコノミー+限定Aは、車両保険の一般条件から自損事故・単独事故を除外し補償される車両保険契約ということになります。つまり自家用車の車両保険は一般(オールリスク)と限定(エコノミー+限定A)の二タイプなのだと言うわけです。

車両保険は、契約によってどこまで補償してくれるかと言う点で混乱しがちですが、じつはオールリスクかオールリスクから自損事故・単独事故を除いた限定タイプの2つしかないということです。

なおエコノミー+限定Aで注意が必要なのは、当て逃げは補償範囲に入るかどうかです。当て逃げは、相手に当てられたわけですから、車対車かと思うかもしれませんが、解釈としては単独事故に分類されます。つまりエコノミー+限定Aでは当て逃げは補償されないのです。ですからエコノミー+限定Aはオールリスクタイプから自損事故・単独事故と当て逃げを除外したものと理解しておいたほうが良いかもしれません。

もうひとつ付け加えておくと、車対車の事故がおきたときはかならず警察に届けて事故証明をとりますが、これをしておかないと、当て逃げと区別がつかなくなり、エコノミー+限定Aで契約していても保険金がおりないなどということにもなりかねませんので、注意してください。車両保険の保険金支払いは警察への届けが必須ではないのですが、自分を守るために、事故届け、事故証明書の発行はすべきことだということです。

また車両保険の補償額は協定保険価額、つまり契約保険金額になるわけですが、分損の場合は修理代実費が保険金額を上限に支払われます(免責をつけている場合は免責金額が差し引かれる)。また全損の場合は、保険金額が全額支払われます。

<車両保険の種類による補償範囲>

 

一般タイプ

エコノミー

限定A

エコノミー+限定A

単独事故

車対車

当て逃げ

台風・洪水

火災・爆発

盗難

落書き

いたずら

 

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識