車両保険とはどんな保険?

スポンサードリンク

自動車保険は大きく分けると3種類の保険から構成されています。まずひとつは人や物に対して与えてしまった損害を賠償するための保険があり、2つめが自分やクルマに一緒に乗っている人のケガを補償する保険です。そして3つめが車両保険。

車両保険とは、自分のクルマのための保険のことで、ガードレールにぶつけたり、壁や縁石などで擦ったりした場合や、相手の車と衝突した場合などに使える保険です。損害賠償保険は相手への補償ですし、搭乗者傷害や人身傷害保険などは基本的に事故で被ったケガを補償するものです。当然ながら自動車保険(任意保険)に加入していても、車両保険をつけていなければ、クルマは自腹で直さなければならないことになります。

自動車保険に加入する意味は、万一の事故で相手に与えた損害をきちんと賠償できるようにしておくというのがいちばんにあるわけですが、自分のクルマをなおせることも重要です。もちろんクルマがダメージを受けても、人がケガをしたり、店舗などに大きな被害を与えたのでなければ救いがありますが、たとえ自分のものでも数十万円もの予定外の出費が発生しても困らない人は少ないでしょう。

なお自動車保険は、車両保険をつけるかつけないかで、保険料はかなり変わってきます。また車両保険はクルマ自体にかかるものですから、乗っているクルマによっても保険料が変わってきます。また車両保険は契約内容によって補償範囲にも幅があります。たとえば自損事故を補償から外す契約もありますし、二回目以降の事故については自己負担する金額を設定することで保険料を割安にすることもできます。車両保険をつけると保険料が高くなることから嫌がる人もいますが、契約の仕方で保険料が変わるということを覚えておくと良いでしょう。

車両保険とは、住宅の火災保険に似ていますが、クルマに毎日乗っている人なら、火災保険よりも車両保険にお世話になる確率のほうが高いと思います。事故の怖さ、厄介さを身にしみて分かるようになると、車両保険のお世話になる回数は減ってくるものですが、どうせつけることになるなら、中身を正しく理解してお得に付き合っていきたいものですね。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識