車両保険でおりる金額は車の時価価格とは?車両保険の車の評価額について

スポンサードリンク

車両保険でおりる金額は時価額だと思ってる方がかなり多いようですがこれは間違いです。

なお保険の世界で言われる時価というのは、中古車情報誌や店頭で見られる、市場小売価格の相場とは違います。小売価格は仕入れ価格に利益を上乗せしているものですから市場相場にも影響されますが、いくらで仕入れたか、またいくらの利益を確保するかに大きく左右されます。

自動車保険の時価額というのは、市場で流通する相場価格に近いものではあるのですが、販売店で値付けされる小売価格とはまた別物で、しいて言うなら買取や下取りの際の査定額に近いものです。別の言葉を使うなら評価額と言っても良いでしょう。不動産評価額が、実際の売買価格と違うように、自動車も時価額と市場小売価格は別物であるということです。

対物賠償保険は時価額、車両保険は協定保険価額が補償される

時価額は一定の基準のもとに査定・評価されるものですから、同じ型式でほぼ同じコンディションのクルマなら、ほぼ同じ価額がつくことになります。そしてこの時価額が使われるのは車両保険ではなく、対物損害賠償保険です。

対物賠償保険は、損害を与えてしまった相手側の損害を賠償する保険ですが、対物保険で補償する金額は、時価額を上限としています。しかし車両保険では時価額ではなく協定保険価額というものを上限に損害を補償しています。ですから車両保険を契約している場合は、最大で契約時に定めた協定保険価額まで補償されるのです。

なおこの協定価額も適当に設定された金額ではなく、各保険会社共通の価格表をもとに、年式、走行距離、仕様などを考慮のうえ、決められています。

全損でも時価額しか補償されない?

相手側がいるクルマの損害は、損害を受けた側から見た損害と与えた側から見た損害に分かれるわけですが、保険の観点から見ると、損害を受けた側は当然車両保険で事故の補償を考えます。しかし損害を与えた側は対物賠償保険で補償を考えます(車両保険は相手のクルマの損害を補償する保険ではない)。つまり全損となったケースでは車両保険で契約している保険金額が支払われるのですが、相手側の対物保険からは、時価額までしか支払われないということです。

時価額は協定保険価額を下回る金額ですので、全損で時価額しか補償されていなければ、車両保険を契約している意味がありません。しかし心配しなくても大丈夫です。事故が起きた時点での時価額が70万円でも、協定保険価額100万円で契約した車両保険なら、不足する30万円は自身の車両保険で支払われるからです。

相手側から見れば、全損でも時価額までしか補償されないと見えるわけですが、車両保険に加入していれば協定した保険価額はかならず補償されるのですね。

なお車両保険の協定保険価額は、保険期間中、変動することはありません。たとえ保険期間中に著しく査定額、時価額が低下したとしても、契約時点で確定した保険価額は変わらないのです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識