車両保険で飛び石によるフロントガラス交換は免責の適用になる?

スポンサードリンク

飛び石があたってフロントガラスが破損するということは、高速道路を走行していると案外おこることです。また高速道路以外の道路でも飛び石が当たることはあります。ただ、高速走行しているほうが、当たったときの衝撃が強いため、小さな小石でもクモの巣のような亀裂が走ります。なると分かりますが、結構ショックなものです。

でも車両保険をかけておけば、一般タイプでも限定Aタイプでも、飛び石破損は補償されます。ただしほとんどの車両保険は、何らかの免責をつけているはずですから、保険を使ってフロントガラスを交換すると、免責が適用となり、5万とか10万円といった免責でつけている額を自己負担しなければなりません。

免責が適用にならないのは全損の場合だけです。修理・交換は分損ですから化ならず免責が適用となります。ただし免責の付け方が、0-10万円というように、1回目の自己を0免責にしている場合で、今回の飛び石事故が、保険期間中はじめての事故なら、自己負担は0です。

また5-10万円という免責のパターンの場合、初回の5万円の免責は、車対車の事故に限っては免責0になる契約になっていることがありますが、飛び石事故は車対車ではなくアクシデント事故ですから、免責0ではなく、5万円を自己負担することになります。

いずれにしても、飛び石によるガラス交換は免責が適用となりますので、おぼえておきましょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識