車両保険を使うと保険料が上がるの?

スポンサードリンク

自動車保険は、ノンフリート等級という制度があることは知っている方が多いでしょう。等級は1~20まであり、はじめて自動車保険を契約した方は6等級からスタートして、事故をおこさず、保険のお世話ならなければ、毎年1つずつ、等級がアップしていきます。
そしてこの等級は一種の保険料割引制度でもあり、等級が上位に進むほど、保険料が安くなります。そして20等級になると、基本保険料からみると60%ほどの割引となります。

反対に事故をおこして、車両保険などを使い、車を修理した場合は、次の更新で等級は3つ下がります。そして等級は割引制度ですから、等級が下がると保険料も割増しとなり、結果的に保険料は上がることになります。これは保険を使ってはいけないということではなく、同じ条件で保険料を負担しているのだから、保険金を使った人は、使っていない人より多く保険料を負担してもらわないと不公平になります。保険加入者全体の公平を期す意味でも、等級制度は有効に機能しているというわけです。

また、事故を頻繁におこしていると、等級ダウンもさることながら、保険加入を保険会社から拒否されることもありますので、保険が使えるから大丈夫というばかりに、事故を繰り返し、保険金請求を重ねていると、手痛いしっぺ返しに遭うことになるので注意してください。

等級据え置き事故、ノーカウント事故とは

事故をおこして保険を使うと3ランク等級ダウンするのが基本ですが、事故の醜類によっては、等級が上がるケースもあります。

整理しますと、事故には「カウント事故」「等級据え置き事故」「ノーカウント事故」という3種類の事故があるということです。このうち「カウント事故」は、普通に3等級ダウンする事故です。そして「等級据え置き事故」は保険を使っても等級が変わらない事故、「ノーカウント事故」は保険を使っていないのとおなじ扱いで等級が1つ上がるというものです。

【等級据え置き事故】
火災、爆発を原因とする車の損害、飛び石でフロントガラスが割れた場合、いたずら、盗難による車の損害など。車両保険では地震由来の災害を除く、幅広いアクシデント事故において、保険を使っても、等級が据え置かれます(アップもダウンもしない)。

【ノーカウント事故】
人身傷害保険だけを使った場合、搭乗者傷害保険だけを使った場合。人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、保険を使っても等級に何ら影響しません。

なお、等級据え置き事故は、大手損保を中心に廃止に向かっており、保険を使うと1等級下がることになりますので注意してください。

事故をおこしていなくても保険料が上がる?

自動車保険は、事故をおこしてなくても、保険料が上がることがあります。これは自動車保険の保険料が、等級制度のほかに、型式別料率クラスという係数も反映していることからおこります。

型式別料率クラスは車種・型式ごとに決められている、事故リスクを反映した数字で、1~9ランクで表されており、車両保険だけでなく、対人・対物・傷害それぞれにランク付けされています。

このクラス(数字)は毎年、事故発生の実情を反映して見直されてるので、同じ車種・型式の車で事故が多発した場合は、翌年の料率クラスが上がって等級アップ分の割引率上昇分を吸収し上回ってしまうことがあります。これが事故をおこしていないのに保険料が上がった原因です。

逆に言うと、あなたが事故をおこすと、あなたと同じ型式の車を乗っているドライバーの保険料にも影響するということです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識