事故を起こした後に車両保険に加入できる?

スポンサードリンク

これは身近な経験でもあったことですが、私の家内のママ友さんの車に、屋根の軒先の雪庇(せっぴ)が車に落下してボンネットをかなり酷く損傷してしまったのです。この奥さんは、車両保険というか、任意保険に入っていなかったんですね。

加入前の事故を申請するのは、他人の保険料で保険を使うのと同じ

そしてこの奥さんが、車屋に、修理について相談したところ、ここで話題にしている事故後車両保険に加入してみることをアドバイスされたというのです。つまり加入後すぐ車両保険を請求してみてはということなのでしょうが、こんなこと、ディーラーが持ちかけるぐらいですから、できたりするのだろうかと、半信半疑で聞いていたのですが、結局板金屋などを、いろいろ相談に歩いた結果、自費で修理しました。

おそらくこの奥さんも、ネットなどでいろいろ調べたのでしょう。確かに運良く(?)、ばれないで済むケースが過去にあったのかもしれませんが、少なくともも今は無理です。

もしこの無保険の奥さんが本当に保険を使って直してしまったら、人の保険料で(自分では一切払わないで)、保険金を使うことになります。なぜなら、保険に加入する前の事故を直すことになるからです。事故をおこしたあとに、車両保険に加入して保険請求するのは、極端に言うと、保険を掛けてない人が、遠隔操作みたいな手口で、他人の保険で車を直しているのと同じことです。

加入前の事故は調査で簡単にばれる

まず加入早々に保険金を請求してきた場合は、保険会社も、そのような手口を疑ってきます。そのため実際に傷の調査もしっかり行い、破損の状態が、申請してきた事故発生日からの時間経過と符合するかどうかをチェックします。

もちろん調査のプロが行うチェックですから、責任開始日以前の事故による損害かは簡単にばれます。

こうした詐欺まがいの方法は、相手がいない単独事故だから、考えられることですが、相手がいたら損害額は単独事故のレベルでは済みませんし、心労ももっとひどいものになっていたでことでしょう。少なくともそうした最悪の事態は避けられたのですから、それでよしとするしかないでしょう。

ところでそのママ友さんが、任意保険に入ったかは聞いていませんが、もしものために、車両保険をつけて任意保険に入っておいたほうが良いのではないかと思うばかりです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識