過失割合が10 0で相手が悪い場合の車両保険の扱いについて

スポンサードリンク

車両保険で補償されるのは、分損なら保険金額を上限に修理代まで、全損は保険金額満額となっていますが、この規定で問題となるのが、車両保険の契約金額(保険金額)もさることながら、相手がある場合は車の時価額です。もちろん新しい車なら問題となることは少ないわけですが、年式の古い車で、時価額が低い場合です。

そして10:0のような、こちらに過失割合がないもらい事故の場合は、納得のいかない結果となることが多いのです。

たとえば10:0のもらい事故で、修理代が50万円と見積もりがでても、こちらの車の時価額が15万円なら、相手の対物賠償保険からは15万円支払えば、それで賠償責任を果たしたことになるのです。言い方は悪いですが、向こうにしてみれば、当たった相手が古い車でラッキーと思っているかもしれません。もちろん車両保険に入っていれば、保険金額は満額でますが、年式の古い車になると、保険金額も20万円や30万円ぐらいでしょう。

こうしたこちらに過失割合がない10:0のもらい事故では、被害者側の心情としては、本当なら修理代の50万円を全額負担してほしいものですし、それがダメでも、古くて構わないので、当てられる前の車と同等のものを用意するのが筋だと思うはずです。

しかし10:0だけに、自分の保険会社も示談交渉ができませんので、時価額満額の支払で終わるか、多少誠意をみせてくれても、10万円程度の上乗せで終わってしまうかもしれません。

車の損害賠償以外に、諸費用の請求をかならず加えておく

こうしたケースで注意したいのは諸費用の別途請求です。というのは時価額が低い車の場合、時価額が満額出たとしても、それが諸費用分ぐらいにしかならないことがあるからです。賠償金が払われても諸費用分程度にしかならないレベルなら、過失割合100%という意味でも、賠償金以外に別途諸費用を出してもらうように交渉してみましょう。

諸費用は、消費税、重量税、車庫証明、登録車検費用、廃車・解体費用、取得税、登録代行費用、代車料金などがあげられます(自賠責や自動車税もあるが、廃車する車のものが戻りますから請求できない)。諸費用は、こちらから持ち出さないと触れてこないことが多いので、先に車とは別途として請求しておきましょう。そのうえで時価額が本当に15万円程度のものか、ディーラーなどに相談して資料を探してみます。

交渉材料がなければ、なかんか金額もプラスしてきません。かなり手間がかかりますが、10:0だと自分で動くしかないのがつらいところですが、何かあったときに知恵を貸してくれる車屋をつくっておくことも大事なことかもしれないですね。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識