レッカー代や代車の代金は車両保険が適用されるか?

スポンサードリンク

ロードサービスは車両保険をつけていなければ利用できないものではありませんが、車両保険をつけていないと有料となるものもあります。ロードサービスを有利に活用するためにも、車両保険はつけておきたいものです。

ロードサービスでいちばん、注目されるのはやはり利用頻度が高いレッカーサービスでしょう。そんなこともあり、レッカーサービスは各社適用範囲を広げており、どこを利用しても、実情で困る場面はほぼないというレベルにあります。

またレッカーサービスと同じぐらい注目なのが代車無料貸与です。現在車両保険では、代車を出してもらうには、代車費用特約をつけておかなければなりませんが、ロードサービスで代車貸与サービスを提供してくれる保険会社を選択すれば代車特約をつける必要がありません(ただし代車無料貸与サービスを利用するには、車両保険で修理しているなどの条件があります)。

なお車両保険をつけている契約なら、ロードサービスで提供されるサービスはすべて無料で利用できますので、代金は発生しませんし、その支払いに車両保険が適用されるということはありません。ただ、車両保険をつけていないと使えないサービスがある保険会社もありますので、“車両保険つけない派”の方は注意してください。

レッカー無料サービス一覧

それでは、各保険会社のレッカーサービスを一覧でまとめておきますので参考にしてみてください。

保険会社名

レッカーサービス内容

アクサダイレクト

指定工場が基本、それ以外35kmまで

アメリカンホーム保険

指定工場が基本、それ以外50kmまで

イーデザイン損保

現場から30kmまで

AIU保険

指定工場が基本、それ以外50kmまで

SBI損保

指定工場が基本、それ以外50kmまで

セコム損保

指定工場のみ(距離指定なし)

セゾン自動車火災

50kmまで無料

ソニー損保

指定工場が基本、それ以外50kmまで

そんぽ24

指定工場が基本、それ以外は15kmまで

チューリヒ

指定工場無制限、それ以外100kmまで

東京海上日動

JAF会員無制限、それ以外30kmまで

日本興亜損保

指定工場が基本

富士火災

事故:最寄りの工場まで 故障:50kmまで

三井住友海上

最長15kmまで

あいおい損保

55kmまで

2012年10月現在

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識