車両保険のみに加入することは可能か?

スポンサードリンク

車両保険は任意保険の一部を成すものですが、車両保険のみに加入することはできません。これは、まず任意保険というものが、自賠責保険(強制加入)を補完するための保険だからということがあります。

自賠責保険は被害者救済の観点から、対人賠償のみを、限定的に補償しているわけですが、この自賠責保険の補償内容を、現状に即した補償内容にするために、最低でも対人・対物賠償保険を、任意保険の根幹に据えなければなりません。その上で、傷害保険なり、車両保険なりをつけて契約するのが任意保険ということです。これが車両保険のみを単独で契約できない理由です。

また任意保険は、1台の自動車につき1契約の任意保険という規則があります。JA共済を含む各損害保険会社は車両情報、等級情報なおを共有していますので、1台の車に1任意保険のほかに別途車両保険を契約すると、すぐ分かることになりますし、まず契約時点で分かることなので、引く受けてもらえないはずです。

車両保険はもちろん大事な保険ですが、自賠責だけでは対物賠償はありませんし、対人賠償も限定的となり、補償としては不十分です。もちろん傷害保険もなくてはならない保険ですから、任意保険は総合的にリスクに備えるようにしてください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識