車両保険の修理代を修理しないでお金だけもらうことは可能?

スポンサードリンク

車を当てられて、車両保険を使って修理することはできるけれど、近々車を買い換えたいと考えているような場合は、修理をしないで、保険からおりるお金を新車の購入資金にあてたいということは、よくあることです。でも車両保険で払われるお金は、保険対象となる車の修理にしか使えないのではと思う方もいるでしょう。

保険金は修理に使わないで現金でもらうこともできる

しかし、近々車を買い換える予定でいるので、修理する予定はないと保険屋さんに相談すれば、保険金の支払について問題はないと言われるはずです。つまり、修理をしないで、お金だけをもらう、現金で指定口座に振り込んでもらうということは可能なのです。

実際に保険会社から支払われたお金を頭金にして、新車を購入するということはよくあることです。また新車を購入した証拠を提出してくれと保険会社から指示されることもありません。新車購入以外のことに使っても大丈夫です。

通常小さい事故で修理代もさほど大きくなければ、保険金は被保険者あてではなく、そのまま修理工場のほうに振り込まれることになります。しかし、保険会社に修理しない旨を伝えれば、お金は現金で修理工場ではなく、自身の指定口座に振り込んでくれます。意外に思うかもしれませんが、決してめずらしいことではないのです。

修理しないで現金でもらう際、注意したいこと

ただし、修理しないで現金でもらう場合は、見積書に記載されている消費税はもらえません。したがって税込み金額ではなく、最大でも税抜き金額が現金でもらえる額となるわけです。

また修理の見積もりはアジャスターと呼ばれる査定員が修理工場で行うのが普通ですが、見積もりに要した経費は差し引かれることになります。さらに、修理をしないで現金でもらう場合は、保険会社が認定した金額となり、通常修理に出したときの税抜き金額より少なめになります。そして見積もり経費も差し引かれることになりますので、あらかじめ了承いしておく必要があるでしょう。

なかには修理時期を遅らせて消費税までもらう裏ワザもあると聞きますが、経費にうるさい今どき、そのような裏ワザは、保険会社には通用しないはずです。現金でもらうつもりなら、その旨を保険会社に相談して正当に現金でもらうのがいちばんかと思います。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識