対物賠償責任保険と車両保険は何が違うの?

スポンサードリンク

対物賠償責任保険と車両保険の違いは、対物賠償責任保険が相手の車や物の賠償補償をする保険であるのに対して、車両保険は自分の保険契約車両を補償する保険であるというものです。しばしば対物賠償責任保険と車両保険は混同されることがありますが、補償するものが、いっぽうは相手のもの、いっぽうは自分の車という、歴然とした違いがありますので、まずここをおさえておくと良いでしょう。

相手がある事故では相手への対物賠償責任が優先される

ただしこれだけでは、言葉上の意味を理解したに過ぎません。たとえば、相手がいない単独事故で車が損傷した場合は、自分の車両保険しか絡んできませんが、相手がある事故では、事故の過失に応じた損害賠償も発生します。

ここでは分かりやすくするために、こちらに過失がまったくない、10:0のもらい事故を想定します。

相手がある事故の場合、該当事故をこちら側からみた場合と、相手側からみたみた場合があるわけですが、相手にはこちらの車の対物賠償責任がありますので、事故解決に向けては、相手の任意保険の対物賠償責任保険をまず使うことになります。かりに車の修理代(損害額)が、相手の対物賠償で全額まかなえる場合は、こちらの車両保険を使う必要がありません。しかし対物賠償で全額まかなえないぶんが出た場合もありますので、そのときは損害額に満たない部分を、こちらの車両保険で支払うことになるのです。
つまり、相手がある事故の場合は、相手への対物賠償責を果たすことが優先され、補えないぶんを車両保険で補償をするという考え方です。

対物賠償責任保険の補償は時価額を上限とする

しかし、普通ならここでひとつ疑問が出てきます。なぜなら対物賠償責任保険は一般的に無制限で掛けていますので、車の修理代ぐらいは、全額、対物賠償責任保険で直せそうだからです。しかし物損の損害賠償は、時価額までしか補償しなくて良いことになっているのです。つまり修理代が50万円でも、車の時価額が30万円なら、50万円まで払う必要はなく30万円払えば、賠償責任は果たしたことになるのです。だからこそ車両保険が必要になるわけです。

もし対物賠償責任保険の賠償範囲が損害額全額だとしたら、無保険車と当たらないかぎりは、車対車の補償は不要となるわけで、車両保険の中身ももっと違ったものになったかもしれません。対物賠償責任保険と車両保険は別ものですが、双方密接に絡み合う保険ということが言えるでしょう。

なお、今回の場合は車両保険から、20万円が支払われ、修理代の50万円が補償されましたが、車両保険金額が40万円だったとしたら、特約などをつけていなければあと10万円までしか支払われず(30万円+10万円=40万円)、車は車両保険上、全損扱いとなります。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識