他人の車を運転中に事故を起こても車両保険は出るの?

スポンサードリンク

他人の車を運転中に事故をおこしたとします。この場合、事故をおこした車の任意保険が、運転者を限定していない契約(家族限定などにしていない)なら、その車の車両保険を使えます。

しかし、個人で契約している車なら、大抵は家族限定などが設定されているはずで、他人が運転した時点で無保険状態になってしまうことが多いでしょう。
ただ、運転者が自分の車の任意保険契約がある場合や、たとえばご主人が自動車保険に加入していて、その任意保険が運転者本人限定以外であれば(つまり家族限定とか配偶者限定など)、その任意保険の車両保険を使って、他人の車の損害を補償できます。これは、ほとんどの任意保険についている他車運転危険担保特約が使えるからなのですね。

他車運転危険担保特約とは

他車運転危険担保特約とは、他人の車を運転していておこした事故を、自分の任意保険で補償するもので、車両保険をつけていれば、車両保険でカバーしている補償を適用できます。ただし車両保険がエコノミーという場合は、自分でぶつけたりして負った傷は直せません。あくまで、契約している任意保険の補償範囲のなかでしか使えないということです。

また保険会社によっては、長期間にわたって継続的に借りて乗っている他人の車での事故は、この特約で補償されない場合があります。したがって長く帰省するような場合で、運転期間が長引きそうな場合は、保険会社に連絡しておいたほうが良いでしょう。とくに通販保険の場合などは注意してください。

他車運転危険担保特約は自動付帯特約なので、ついていることを知らない方もいるでしょう。一度保険証券でチェックしてみてください。他車運転危険担保特約という文字が見つかると思います

他車運転危険担保特約が適用される車は自家用8車種

なお他車運転危険担保特約が適用される他人の車は、車種・用途が自家用8車種でなければいけません。

自家用8車種とは、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車、(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、特殊用途自動車(キャンピング車)となります。

また当然ながら、他車運転危険担保特約は他人の車を運転中の事故に適用されるものですから、子ども車の事故を、親の保険で直すということには使えません。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識