車両保険の途中解約は可能?

スポンサードリンク

自動車保険は契約期間中であっても途中解約ができます。
(ただし車両保険だけを途中で外すことはできません)

自動車保険を外すことになると、保険料を一時払いで支払っている場合は、解約返戻金がどれぐらい戻るかが気になるところでしょう。

解約返戻金は、一時払い保険料から経過分を差し引けば良いわけですが、実際戻る額は経過期間で案分するより、通常戻る額は少なくなります。一時払いのほうが払うときはトクですが、保険をやめるときは、かえって月払いで払っているほうがトクになります。ただ、きっちり期間案分で返還されなくても、それに近い額は戻ってきますので、その点では安心してください。

しばらく車を乗らないということなら中断証明の手続きをとる

なお解約する理由が廃車や譲渡であり、しばらく車に乗らないと理由であれば、中断証明手続きをとって、現在の等級を10年間保持しておけます。

中断証明手続きで、廃車にする場合は廃車証明が、譲渡する場合は譲渡証明が必要となりますので、解約する保険会社に確認のうえ、書類を準備してください。この先、また車を乗る予定が考えられる場合は、まずこの方法を選択します。

しかし、その保険会社を使いたくないといった、代理店や会社への不満や嫌悪が理由であるなら、本解約して保険会社を乗り換えるしかありません。

保険会社の乗り換えは更新時がおすすめ

この場合、解約後、新しい保険会社で自動車保険を契約することになりますが、まず現在の保険期間中に事故をおこしている場合は、引く受け不可となることがありますので、先に見積もりと補償内容の確認、そして契約可能かどうかを確認してから、旧保険会社の解約をすすめるようにします。先に解約をすすめて、希望する保険会社で万一引き受け不可なると、無保険状態となるので注意してください。

また今後も途中解約があり得る場合は、保険料は月払いにしておいたほうが良いかもしれません。保険の途中解約はほとんどが、多少損することが多いので、そこを嫌う場合は、満期まで待ち、更新で乗り換えたほうが、いろいろな意味でスムーズであることは間違いありません。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識