代車等費用特約(代車特約)とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

車両保険につける特約としては、わりとポピュラーなのが代車等費用特約(代車特約)です。代車等費用特約は、その名称からどういった内容の特約かも大体分かりますし、つけている方も多いと思います。

しかし車事故をほとんどおこさないドライバーは、この特約をそれほど必要と思わないで、これまでずっと来ているかもしれません。なぜなら、クルマを修理に出すとなれば、修理工場から代車を出してくれるものだと思っているからです。

特約をつけていなくても代車を使えるのは100:0の場合だけ

かつて、世の中の景気が良かったころは、こちらに過失割合がある場合の修理であっても、修理工場のほうで代車を手配してくれたものです。とくに自家用車が重要な移動手段となる地方だと、クルマがないと非常に困ることになりますので、工場のほうでも、代車を出してくれるところが多かったと思います。しかし現在は修理工場でも、必要な代車しか抱えることができなくなっていますので、代車等費用特約をつけていないと、かなり困ってくることになります。

また保険の規定としても、修理費用には代車費用は含まれていません。つまりこうした特約をつけていくても、これまで代車を手配してもらえたのは、修理工場の好意であり、営業努力だったというわけです。

またほとんど事故をおこさないドライバーでも、信号待ちで停車していたところ、後から追突されるといった事故には遭遇する可能性はあります。このように、相手の過失が100%という場合は、ほぼ間違いなく相手側の保険から、代車費用が支払われることになります(相手が通販保険だとむずかしい場合もあるので注意)。こうしたことから、事故をまずおこさないドライバーほど、代車特約の必要性を意識していない方が多いと思いますが、かりに事故をおこして、少しでもこちらに過失がある場合は、代車は手配してもらえないということはおぼえておかなければなりません。

代車費用特約は必要?

代車費用特約(代車特約)は、被保険車両が修理で使えなくなった場合に、修理期間中の代車費用を補償してくれるものです。支払日数を10日間、30日間と選択でき、実損払い、日数払い、現物給付で保険金支払方法も選択できます。

たとえこれまで無事故で何年もやってこれた方でも、遠出先、不慣れな土地での運転で事故をおこしてしまう可能性はあります。車両保険に代車特約をつけておくと、いかなる状況でも、代車で困ることはありません。代車特約は、さほど保険料い影響しない特約ですから、これまでつけてこなかったという方は検討してみてはいかがでしょうか。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識