事故時レンタカー費用特約とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

事故時レンタカー費用特約とは、車両保険の支払対象となる事故で、修理のために車が使用できなくなる場合に、レンタカーを使用するための費用を補償してくれる特約です。

車両保険には、事故時レンタカー費用特約のほかにも代車等費用特約という名称の特約もありますが、ほぼ同じものだと考えて良いでしょう。ただし、事故時レンタカー費用特約は、補償対象となるのが、あくまでも契約者が事故車修理中にレンタカー(レンタカー会社から借りた)を使用する費用に限定されてきます。今修理中の代車は、ほとんどがレンタカーを手配することになりますので、同じといえば同じなのですが、代車費用特約は、「代替自動車を利用するための費用」となるため、レンタカー以外の手段で代替自動車を手配しても補償される場合もでてきます。まあ、同じ保険会社が事故時レンタカー費用特約も、代車費用特約も使えることはなく、どちらかに限定されますので、どちらを用意しているかで、保険会社の考え方が反映されていると言えるのではないでしょうか。

事故で車を修理に出したらレンタカーは早めに手配する

事故時レンタカー費用特約は、代車費用特約と同様に、支払対象日数は30日間を限度とするものがほとんどですが、なかには上限を10日間までとする特約もあります。またこの期間は、通常、事故日、または修理工場へ事故車を搬入したその日から起算しますので、レンタカーが手配できた日からの起算日数ではありません。したがって、レンタカーを使う場合は、なるべく早急に手配したほうが特約のメリットが生かせることになります。

またレンタカーの使用実費は一日あたり5,000円までと決まっていますので、特約をつける際は要確認です。

事故時レンタカー費用特約が使えないケース

また当然ながら、事故時レンタカー費用特約は車両保険に付帯する特約ですから、契約している車両保険が補償対象とする事故でしか使うことはできません。たとえば車対車+限定Aで車両保険を契約しており、その車両保険に事故時レンタカー費用特約をつけてる場合は、相手が特定できない事故や当て逃げ、単独事故での修理では、レンタカー費用特約を利用できません。

まあ車両保険が、契約タイプによらず補償対象としていない、地震、噴火、津波によって生じた損害や、戦争、暴動、騒擾、詐欺、横領によって生じた損害も対象外となります。また、車自体の自然消耗、故障による損害もレンタカー費用特約は使えませんので注意してください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識