車両保険の免責0特約とは?

スポンサードリンク

車両保険は免責をいろいろなパターンでつけることができます。免責とは、事故で車に損害を負った場合に自己負担する金額ですから、免責を多くつけたほうが、車両保険の保険料も割安となります。

ただし、たとえ10万円でも、臨時出費となると手痛いものです。そこで免責の付け方として「0ー10」、つまり保険期間中にはじめておこした事故については免責0にし、2回目以降の事故は免責10万円としている方が多いと思います。

しかしその上の「5-10」を選ぶと、初回の事故は免責5万円になりますが、車対車の事故だけは例外的に免ゼロにできる特約を選べます。これが車両保険の免責0特約です(単純に“免ゼロ特約”と呼ばれることが多い)。

免責0特約は、車対車といった、相手が特定できる事故だけに適用されますので、たとえ相手との接触で損害を受けても、相手が特定できない当て逃げには適用されません。ただ、それでも「0ー10」より、事故責任度合いが高くなりますので、保険料はそのぶん安くなります。まあ、「0ー10」はそろそろ卒業しようと思っているが、「10ー10」までするのは、気が引けるという方なら「5ー10(免ゼロ特約)」という付け方を選択してみれば良いでしょう。

免責0特約は必要か?

車両保険の免ゼロ特約は、必要な特約かどうかというのは、個人の考え方によるところが大きく、良いか悪いかは一概に決めつけられるものではないでしょう。

ただし免責というのは、相手から対物賠償が出るような事故でなければ、かならず負担しなければならないものですから、払えもしない設定の免責を気合いでつけるのはナンセンスですし、やってはいけないことです。あたりまえですが、捻出できる余裕資金の範囲で設定しなければ、かえって周りに迷惑がおよぶことにもなりかねません。その意味では、「0ー10」や「5ー10(免ゼロ特約)」という設定が選べたほうが良いと考えられます。

「0ー10」や「5ー10(免ゼロ特約)」をつけても、保険を使うかどうかはその都度選択できます。「0ー10」や「5ー10(免ゼロ特約)」をつけたからと言っても、かならず免ゼロで車を直さなければならないわけではありません。路上経験をつんで危険予測をしながら運転できるようになると、事故はほとんどおこさなくなっていきますので、高い金額の免責をつけるのは、そうしたレベルになってからでも良いのではないでしょうか。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識