車両保険無過失事故特約とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

車両保険無過失事故特約とは、相手が100%過失(こちらから見ると無過失事故)で、しかも相手が無保険だった場合に、車両保険を使って車を修理しても、等級が下がらないという特約です。

これまでも、相手が無保険であるうえに、お金がないからと修理代金すら賠償しない場合でも、自分の車両保険を使って車を直すことはできたのですが、3等級ダウンになるのは避けられませんでした。保険で車を修理できただけでも車両保険を掛けてきた意味はあったと言えるのですが、等級ダウンによる保険料のアップという損は、黙って受け入れなければならなかったのです。そのリスクを回避してくれるのが車両保険無過失事故特約です。

無保険車両は全体の3割にも上る

運転歴がほとんどない方だと、無過失事故の経験はないかもしれませんが、無過失事故は、こちらが安全運転や危険予測運転ができるようになると、不思議と降りかかってくるものです。

たとえば、ショッピングセンターの駐車場から道路に出るようなとき、歩道の人や路上の車の動きに十分注意して、出るタイミングを見計らうわけですが、急発進すれば出れそうでも、走行車両の運転者からは危ない発進と感じるものです。

そこで余裕をもって車の途切れを見ていたら、いきなり後続車が追突してくるということがあります。こちらが出るとでも思ったのでしょうが、明らかに車間距離を無視してぴったり追随しているからおきる事故です。

またどういうわけか、こういうドライバーほど任意保険に加入しておらず、対物補償ができない状態で路上を走り回っているのですから良い迷惑です。それでも親や身内からお金を出してもらい、修理に対応してくれるのならまだ助かりますが、そっちが急停車したから当たったのだとも言い出しかねません。もちろん少しでもこちらに過失があれば、交渉も保険会社に任せられるので良いですが、いつまでたっても賠償する意思が確認できなければ、車を直すにも不安で仕方ありません。

現在でも、3割のドライバーが任意保険に加入していないわけですから、こうした厄介な事故にいつ遭遇するか分かりません。その意味でも車両保険無過失事故特約は、検討しておきたい特約と言えるのではないでしょうか。

車両保険無過失事故特約は代理店損保の車両保険で扱いがある

なお車両保険無過失事故特約を扱ってる保険会社はまだ少なく、現在のところ代理店系損保で5社ほどです。このうち、車両保険に自動付帯されるのが、損保ジャパンと日本興亜損保です。

今後もこの特約は、扱うところが出てきても、代理店損保が中心となるかと思います。より手厚い補償をと考えるなら、検討しておきたい特約のひとつですね。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識