車両新価保険特約(新車特約)とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

車両新価保険特約は任意のオプションですが、どんなクルマでもつけられるものではなく、新車か高年式の中古車を対象に用意された特約です。

実際には新車特約と、短縮して呼ばれることが多い車両新価保険特約ですが、この特約は、元の車両保険とは別の保険金額を設定してた新しい車両保険のようなものです。実際どのようなものかと言うと、新価特約を選択すると、契約時に協定新価保険金額を決めます。この協定新価保険金額は新車価格相当額が設定されます。つまり全損となって、クルマ買い換えるとしたら、新車を再取得できるというのが新車価保険特約のメリットと言えるでしょう。

また通常の車両保険では、修理代が契約保険金額を超えなければ、全損扱いとならず、保険金額が全額支払われませんが、新車特約の場合は、損害額が契約金額の50%以上になると全損とおなじ扱いとなるのです。

ただし新車特約は、新車の再取得を目的とした保険ですから、事故をおこしてから一定期間内に新車での代替車両を取得することが条件となります。また代替取得したクルマが、車両新価保険特約の保険金額を下回る場合は、その下回る金額が補償されます。保険金額が250万円で、再取得金額が200万円なら、200万円が支払われるわけです。そのため、新車特約を使えるような損害を被った場合は、新車特約の保険金額を少し上回るぐらいのクルマを選ぶぐらいで考えたほうが良いでしょう。

損害額が保険金額の50%にでも新車に買い換えられるわけではない

契約保険金額の50%以上になると、新車に買い換えることも可能な新車特約ですが、損害の内容には条件があり、基本的には半損と言って、クルマの主要構造部分に損傷を受けるということが、保険金支払執行の条件となります。

クルマの主要構造部分というと、フレームが歪んでしまうというレベルの、強い衝撃が加わったケースですから、保険金額の50%を越える損害を受けて、保険金が満額支払われるということは、そうあるものではないと言えるかもしれませんね。

そうは言っても、通常の車両保険では、同一レベルの新車への買い換えがむずかしいだろうことを考えると、気に入った新車を買ったばかりのユーザーなら、車両新価保険特約は検討してみたい特約と言えるのではないでしょうか。

なお、車両新価保険特約は保険会社によって、規定に幅がありますので、この特約をつけるとこを目的で自動車保険の見直しをする場合は、車両新価保険特約の内容をまず確認してみてください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識