車両付随費用補償特約(臨時費用特約)とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

車で遠出、旅行をしているときなどに単独事故をおこしたり、故障により動かなくなったりすると、交通費や臨時の宿泊費、宿泊先のキャンセル料金などは、すべて自分もちとなります。こうしたリスクに備えられる車両保険の特約に、車両付随費用補償特約(臨時費用特約)があります。

車両保険に付帯する臨時費用特約は、保険会社によってじゃっかんの違いはあるものの、補償内容はおおむね下記のとおりとなります。


< 車両付随費用補償特約 >

保険金種別

補償内容

臨時宿泊費用保険金

(事故・故障により臨時に宿泊した場合の費用)

一回の事故・故障につき一名あたり、15,000円を限度に保険金が支払われる。
(一泊分の客室料に限定され、飲食費用は対象外)

臨時帰宅費用保険金

 

(事故・故障の場所からの帰宅費用、または当面の目的地への移動にかかった費用)

一回の事故・故障につき一名あたり20,000円を限度に保険金が支払われる。
タクシーまたはレンタカー利用の場合は一台あたり30,000円を限度に保険金が支払われる。レンタカーの場合は乗捨て費用も含む。
自力走行できなくなったときから起算して24時間以内に利用した費用に限定される。

搬送・引取費用保険金

(契約車両の修理完了後、保険会社の指定する場所までの搬送・引取費用)

一回の事故・故障につき100,000円を限度に保険金が支払われる。

キャンセル費用保険金

予約していた特定のサービス(旅行・コンサートなど)のキャンセル費用から自己負担額を差し引いた額が支払われる。ただし、一回の事故・故障につき500,000円を限度とする。
なお、自己負担額は、1,000円またはキャンセル費用の20%に相当する額のいずれか高い額とする。

 

車両付随費用補償特約はマイカーでの旅行機会が多い方や、帰省などで遠方まで出向く機会が多いドライバーなら、つけておくと安心な特約ですが、現在では各保険会社の車両保険のロードサービスで、 車両付随費用補償特約と上記内容と同じ(もしくはほぼ同等の)内容を提供していることから、付帯されるケースは少なくなっています。

付帯しておくと安心な特約ではありますが、検討している自動車保険のロードサービスが、 車両付随費用補償特約の内容を網羅している場合は、あえてつける必要はないでしょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識