対物全損時修理差額費用特約とは、どんな特約なの?

スポンサードリンク

対物全損時修理差額費用特約とは、車対車の事故で、相手側の車の修理代が時価額を超えてしまった場合に、事故解決を円満に進めるために備えてつける特約です。

対物全損時修理差額費用特約はこんなケースで役立つ

もう少し詳しく説明しましょう。

車対車の事故でも、車両保険に加入していれば、車両保険の保険金額を上限に車を修理費用を確保できるわけですが、相手がいる場合は、相手の対物賠償保険から、過失割合ぶんを乗じた金額が支払われます。ただし、対物賠償保険の補償上限は、事故発生時点での時価と決められています。このため、古い車だと、修理金額が時価額を超えることもあります。

たとえば一例をあげますと、過失割合が5:5で、相手の車の修理金額が150万円、車の時価額が100万円という場合です。

このケースでは、対物賠償保険で補償する金額は、時価額である100万円の50%(過失割合)となり、50万円です。50万円なら、時価額の100万円内でおさまっているので、対物賠償保険としても支払うことができる金額です。差額として100万円が浮いてしまいますが、浮いたぶんは差額は相手自身の車両保険で補償することになります。

しかし相手が車両保険をつけていなかったり、保険金額(協定保険価額)が低い場合もありますので、時価額を超えても修理して車に乗り続けたいと相手が主張した場合は、事故解決が円満に運ばなくなります。特に過失割合が双方同等という場合なら、そこをつかんで、最低でも修理金額の過失割合ぶんを主張してくる可能性があります。

そうしたケースに備えて、修理代金と賠償金の間に生じた差額の一定分を保険金として支払うのが対物全損時修理差額費用特約ということです。このケースでは対物賠償金で50万円を払い、対物全損時修理差額費用特約で25万円払うと合計で75万円となり、相手の修理代金のちょうど半分を負担したことになります。

対物全損時修理差額費用特約は支払上限額がある

なお対物全損時修理差額費用特約で負担できる金額は、保険会社でも上限を定めており、通常は最大でも30万~50万円までです。

※ 損害賠償責任額の15%が10万円未満の場合は10万円、30万円を超える場合は30万円
※修理費と相手自動車の価額の差額にこちらの過失割合を乗じた金額=50万円を限度とする。

したがってかならずしも、修理代金の過失割合ぶん全額を支払うということではありません。

しかしこうした特約をつけておくと、交渉のなかで、今回はここまで歩み寄るのでという切り札が確保できますし、買い替え時の諸費用を道義的に負担せざるを得ない場合もあるでしょう。そうした場合でも、対物全損時修理差額費用特約をつけておくと、円満解決に持ち込みやすくなります。
相手がしっかりした補償をつけておらず、損害額が大きくなるほど、事故解決が進まなくなります。運転機会の多いドライバーなら、こうした特約で万全を期しておくことは意味のあることではないでしょうか。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識