自損事故を起こした場合の、車両保険の手続きについて

スポンサードリンク

自損事故は、相手側がいない(車対車ではない)単独事故のことですが、相手がいないぶん、届けが必要な場合でも、自己判断して警察への届けを怠ってしまいがちです。しかし、自損事故でも相手との接触・衝突・追突事故でも、警察への届けは、車両保険の保険金支払の絶対条件ではないですが、道路交通法上、対物事故の場合は事故の届けが運転者の義務となっています。

たとえば、看板の足などにぶつけてしまった場合、この看板を管理しているところが被害届けを警察に出していたら、ぶつけて届けていなかったことで、当て逃げしたことになってしまいます。崖から落下したり、オフロードでの事故などもありますが、町中でおきた自損事故は誰かしらが管理・所有している物体と当たっているわけですから、基本的には事故届けが必要だということをおぼえておきましょう。

自損事故後の手続きについて

ということで、自損事故でも、順当に事故後の手続きを進めるなら、まず警察に届けることです。車が大破してしまったり、動かなくなってしまうこともあるでしょうから、警察に指示に従います。事故が軽微なものなら、最寄りの交番・警察署に出向き、事故届けをして、事故証明もとれるようにしておくと、後がらくです。

事故届け自体は非常に簡単で、事故がおこった日時、損害したものとその損害の程度、現場でとられた措置などが記録されることになります。
保険会社へ伝えることは、保険契約者(運転者名)、証券番号、事故車の登録番号、事故の発生日時、事故の状況と損害の程度、すでに事故車を入庫している場合は、その修理工場名などです。

単独事故の事故届けを後回しにする方もいますが、車両保険を請求するにしても、最近は保険会社も、事故届けを済ませることを前提に話しを進めることが多くなっています。事故証明がなくても、車両保険が使える自損事故もありますが、事故の程度が微妙でどのようにしたら良いのか迷う場合は、保険会社に確認してみても良いかもしれません。

事故届けが済んでいれば、あとはほぼ自動的に進んでいく

事故届けが出ていれば、事故証明は保険会社が取り付けますので、あとは保険金支払の手続きがほぼ自動的に進んでいきます。自損事故の場合、相手がいませんので(車対車ではないということ)車両保険を使う意思さえ確定していれば、車の修理もすぐ取り掛かることになるでしょう。

なお、車両保険を使うことで、次更新後は保険料は高くなります。保険料がどのぐらい高くなるかについては、保険を使うかどうかの意思確認の際に、聞いてみても良いでしょう。

また当たったものによっては、対物賠償を保険から支払うことになる場合もあります。ただしこのようなケースでも、事故届けが済んでいて保険会社にも連絡が済んでいれば、保険契約者が動くようなことは特にありません。このことからも、事故届けは早めに済ませておくことが大事だと言えるでしょう。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識