損しない車両保険の使い方

スポンサードリンク

車両保険を契約しておくと、事故にあっても、とりあえずクルマを現状復帰できますのでやはり安心です。

ただし、車両保険を使うと等級が3ランクダウンしますので、次の更新で確実に保険料が上がります。特に等級がまだ一桁代の場合は、ダウンしたときの保険料はかなり高くなりますので、等級ダウンする前のランクに戻るまでに、本来払わないですんだ保険料を負担することになってしまい、損することになってしまいます。

まあ、等級がある程度高くないと、車両保険を使うということは、大体は損することにはなるのです。保険を使って修理した人と、使わないで自腹で直した人が、累計の保険料が同じなんていうのなら、あれこれ考えず、みんな保険を使ってクルマを直すはずです。ですから、できるだけ損を少なくするというのが、車両保険の使い方としては目指すべきところになのでしょう。

車両保険を使って損しない目安を簡単に計算

車両保険で損しないためには、むやみに保険で直さないということを心がけが大事ですが、修理がどのぐらいの金額なら保険を使わないほうが良いというのは、現在の等級や保険料によって変わってきますので、一概には言えないところがあります。

いちばん確実なのは、保険会社や代理店に、保険を使って等級ダウンした際の保険料を試算してもらい、もとの等級に戻るまでに、どれぐらい余計に保険料を払うことになるのかをシミュレーションしてもらうこと。細かい計算をするかどうかは別にして、保険を使うと決める前に代理店に相談してみることです。ダイレクト損保でもサポートセンターがありますので、相談窓口として利用してみると意外と頼りになるものだと分かるでしょう。

なお、ある車屋さんが紹介していた計算方法があるのですが、これだとわりと近い参考値が本当に簡単に計算できます。それは現在の保険料に1.5を掛けるというものです。修理代金が、その計算値を超えるようなら、保険を使っても大体損をすることはないでしょう。そして免責がある場合は、それを足した金額が答えとなります。
現在の保険料が8万円なら、修理代金は12万円以上ということです。そして免責が5万円なら、17万円以上ということです。この計算は1.5という係数がミソなのですが、実際に実情に近い金額になるので、参考値を出す意味で使ってみると良いでしょう。

事故がおきたらその都度、申告することも車両保険で損をしないポイント

軽微な事故で、傷も大したものではないと思い、警察へも届けず、相手の連絡先も聞かないまま・・・ ということも若いうちはあるかもしれません。たしかに、傷が本当に大したものではないなら、まだ良いのですが、ちゃんと見てみたら、ウソのように傷が広範囲に渡ってついていたなんてこともあります。

どんなに軽い事故でも、接触した以上、修理したほうが良い程度の傷はついているものです。軽いか重いかではなく、接触事故がおきたら、事故がおきたことを警察に届けることです。事故届をすれば、交番なり警察署で連絡先の交換もできますし、事故証明も作られます。ここまでしていないと、いくら車両保険を契約していても、保険金の請求すらできないこともあるのです。これは最も損な車両保保険の使い方です。

エコノミータイプの契約だと、相手が特定できない事故は補償されません。もちろんフルカバーの一般タイプなら、連絡先の交換は不要というわけではありません。道路(道交法上の)で事故にあい、またはおこして、少なくとも保険で直す可能性がある場合は、かならず警察へ届けるようにしてください。事故届けは保険金を受け取るための必要要件ではないのですが、ほとんど必要要件のようなものだからです(道交法上は義務でもある)。

また事故で保険車両に損害が発生した場合は、できるだけ迅速に保険会社に届けるのが原則です。車両保険の場合、請求期限は保険金請求権が発生した翌日より3年となりましたが、物損は時間が経過するにしたがって、損害の程度に変化があらわれ、通常は、大きくなっていきます。損害額を協定してしまうということも理屈としてはできるわけですが、間違いなく保険会社はイヤがります。

また複数の傷を一回の事故で生じたものとして申告することは通知義務違反です。複数のホイールの傷を一度の事故として申告すると、複数の事故として扱われ、一気に6等級ダウンとなることもあります。事故がおきたらその都度申告するというのが、車両保険で損をしないポイントでもあるわけです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識