車両保険のフリーと契約とは?

スポンサードリンク

損害保険は当初海上保険を中心に、損害保険業務をスタートさせています。自動車保険で使われるフリートというのは船団の意味で、自動車も10台以上ならフリート(船団)として見るようになったわけです。そして10台未満の自動車契約をノンフリートとし、フリート契約と分けて考えるようになったのです。

契約台数からいっても10台所有している個人は少ないため、フリート契約は一般に法人の業務用の車に付保されるものです。したがって個人の自動車保険をノンフリート契約と考えてしまいますが、規定としては付保されている車の台数による違いということです。

なおフリート契約とノンフリート契約とは、割引割増しの考え方も違います。たとえばノンフリート契約では一般的な家族限定や年齢条件といった割引規定はフリート契約にはありません。また割引・割増の適用方法はフリート契約では契約者単位ですが、ノンフリート契約では車1台単位となります。さらに割引・割増の決定は、ノンフリートは1台ごとの事故件数で判断しますが、フリートでは所有・使用自動車の台数と契約全体での損害率で決定されます。つまり割引・割増の考え方が全く異なるということです。

そんなフリート契約は、契約台数もありますが、割引率が非常に高いので、9台とか8台所有ででノンフリート契約に甘んじているなら、10台以上所有してフリート契約に変更したほうが経費的にメリットが出る可能性が高いのです。そのため総台数が10台に達した日に中途でフリート契約に変更する方もいます。

フリート契約は代理店にとっても大口契約となりますから、かりに20台ぐらいの付保車両がある場合は、ひとつの保険会社で決めてしまうこともありますが、A社に10台、B社に10台と分けてフリート契約することも可能です。ただし、付保車両を複数の保険会社にまたがって契約する場合は、一斉にフリート契約に移行する必要があります。これをしないと、金融庁からの指導など、保険会社に迷惑がかかることになりますので注意してください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識