自動車保険の改定で車両保険はどうなる?

スポンサードリンク

自動車保険の改定が2013年の10月から、大手損保中心にスタートすることが決定しています。すでに2012年10月の新契約・更新から適用となるところもあるようですが、基本的には1年間の周知期間が設けられているようです。

また改定が決定しているのは大手損保とだけあるだけで、ダイレクト損保のほうは、準備に出遅れがあるようですね。

この改定でいちばん心配なのが、無保険車両が増えるのではないか、また車両保険をつけない契約者が増えるのではないかという点です。

自動車保険改定のポイントを整理

改定のポイントを整理します。

ひとつは、事故をおこして保険を使うと、これまで通り等級が3ランクダウンする点は変わらないのですが、3年間事故有係数が適用されることで、保険料がこれまで以上に
高くなるということです。

そして次のポイントが、これまで据え置き事故として扱われていた、運転者に過失のない盗難や火災、台風・竜巻・洪水または高潮などの自然災害、イタズラ、飛来物・落下物による損害も、保険を使って直すと1等級ダウンとなることです。しかもこちらの1等級ダウンについても、1年間は事故有係数が適用となり、通常の1等級ダウンよりも保険料が割高となるということです。

事故有係数というペナルティーをもうけることで、無事故で保険未使用者の不公平を埋めて行こうという狙いが、今回の改定の趣旨ということですが、おそらく保険会社の収益改善という目的も含まれていると考えられます。

保険離れ、車両保険離れが進んだら・・・

今回の自動車保険の改定によって、車両保険などの保険商品的な変化はとくに発表されていませんので、あくまでペナルティレートの創設というとらえ方で良いでしょうが、心配なのは、ユーザーの保険離れが進むのではということです。特に保険料中ウェイトの高い車両保険をつけなくなるユーザーがさらに増えていくのでなないでしょうか。

車両保険は自分を守るための保険ですから、つけないことで他人に迷惑がおよぶことはありませんが、損害額が大きい事故や、ローン残高が多い車が全損した場合は、相当厳しい経済的負担がのしかかることになりますので、さまざまな弊害を呼び込むことが懸念されます。

いずれにしても、これまで以上に安全運転・管理に注意を払う必要がでてきたことは間違いありません。あとは気になる通販各社の動向についても注目しておきたいところです。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識