ノーカウント事故では等級が下がらない

スポンサードリンク

自動車保険には保険を使っても等級が下がらないノーカウント事故があります。しかし車両保険事故にはノーカウント事故はありません。ただ、車両保険には等級据え置き事故というものがありますので、しばしばこれと混同してしまうことがあります。

ノーカウント事故は等級が下がらないだけではなく、事故をおこしていない扱いとなるので、次の更新では1等級アップします。しかし等級据え置き事故はアップしません。ダウンもしないがアップもしない、つまり等級が文字通り据え置かれるのが、等級据え置き事故なのです。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても事故としてカウントされない

ノーカウント事故が適用となるのは、搭乗者傷害保険事故、人身傷害保険事故、無保険車傷害特約事故、ファミリー傷害特約事故ということで、おもに搭乗者傷害保険を使った場合、人身傷害保険を使った場合は等級が下がらず、通常取り更新で1等級アップとなります。

事故名を細かくあげるとかなりの数になりますが、一部紹介すると、人身傷害の車搭乗中のみ補償特約事故、人身傷害の交通事故危険補償特約事故、人身傷害補償保険の臨時費用保険金事故、人身傷害の入院時追加保険金特約事故などが、最近つける方増えている、人身傷害保険が適用となる保険事故の一部です。

また故障損害等に関する代車費用補償特約事故、形成手術費用補償特約事故、事故・故障損害等に関する付随費用補償特約事故という名称の事故もあります。

ただしこれらと併発した等級ダウン事故でほかの保険を使った場合は、等級ダウンとなります。つまりノーカウント事故であっても、相手との接触によって破損した車の修理に車両保険を使った場合などは等級ダウンとなります。

等級据え置き事故とは

では等級据え置き事故とはどういった事故かと言うと、車両保険のうち、自然災害(地震由来でないもの)や飛び石や落下物による損害を被った場合のアクシデントが該当します。

具体的には、盗難、落書き、騒じょう、暴動行為や破壊行為(戦争は除く)、火災、爆発、窓ガラス破損(飛来、落下物以外の他物との衝突・接触は除く)、台風、竜巻、洪水、高潮、飛来、落下物との衝突などです。これらの損害で車両保険を使った場合は、等級据え置き事故として、更新しても等級がダウンしません。

ただし、大手損保を中心に等級据え置き事故は廃止に向かっており、2013年10月からは、等級据え置き事故で保険を使うと、1等級ダウンとなる車両保険もありますので注意してください。

保険料が半額(57,230円 → 20,630円)になった私の体験談

絶対必要とはいえ、自動車保険の保険料って、結構な出費ですよね。私も57,230円の保険料を年間で支払っていますが、正直、この不景気ですと、年間とはいえ5万円の出費は痛いです。

そこで、私はあるサービスを利用して、57,230円の保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。それが、【自動車保険の一括見積もりサービス】です。

私が利用したのは、「保険スクエアbang!」という見積サービスで、最大20社の保険会社の保険料を比較することができます。

友人も「4万円の自動車保険料が2万9千円になった」と喜んでいました。

ちなみに、難しいことは一切していません。5分くらいで出来てしまいました。
「保険スクエアbang!」は、見積もり結果がその場で表示されるので、保険料をすぐに知りたい方にオススメです!

詳しくは、私の体験談のページで紹介していますので、保険料が気になる方は、参考までにご覧になってみてください。



>> 保険料が半額になった私の体験談はこちらをクリック

>> 今すぐ一括見積もりを申し込みたい方はこちらをクリック

車両保険の基礎知識
支払いについて
災害による補償について
車両保険の使い方
加入前にチェックして
おくべきポイント
主な特約
ケース別
車両保険の補償について
車両保険よくある質問
保険会社別に
車両保険を比較
知っておきたい予備知識